精神障害のある人たちへ<br> 働きたいあなたへのQ&A

個数:

精神障害のある人たちへ
働きたいあなたへのQ&A

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 101p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784946498985
  • NDC分類 366.28
  • Cコード C0036

内容説明

精神障害のある人たちが一般事業所で働きたいと希望する場合に必要な心構え、どんな働き方があるのか、そのための具体的な準備について、わかりやすく説明。

目次

陽性症状があり、薬を飲んでいますが働けますか。
仕事に就きたい。でも、仕事ができるのか、向いている仕事があるのかわかりません。
障がいを明らかにして働くのと、伏せて働くのとではどちらが良いでしょうか。
症状の揺れがあり、生活リズムが一定になりません。また、薬の副作用と思われる反応の鈍さがあります。仕事に就く場合に差し障りになるでしょうか。
環境の変化が苦手で、新しい場所や人間関係に不安を覚え、仕事に就くのにその点が心配です。何か良い方法はないでしょうか。
働きたいと考えていますが、家族は病気の再発を心配して働く必要はないと言います。どうしたら家族の理解が得られるでしょうか。
1人暮らしをしたいので、月額18万円ぐらいの給料がもらいたいです。
発病前に看護師として働いていました。数年間のブランクはありますが。経験を生かして働きたいのですができるでしょうか。
障害者雇用率制度というのがあるそうですが、どういうものか教えてください。
働きたいと思うのですが、何から始めたらよいでしょうか。〔ほか〕