a+a 美学研究〈Vol.12〉シアトロクラシー 観客の美学と政治学

個数:

a+a 美学研究〈Vol.12〉シアトロクラシー 観客の美学と政治学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月24日 09時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784944055968
  • Cコード C3070

目次

序論(田中均)
演劇の批判と弁護(クリストフ・メンケ)
ルソーとシアトロクラシー―『ダランベール氏への手紙』における「見せもの」の近代性(田中均)
モーリッツ「演劇への不幸な傾倒」における演劇狂と健全な市民―教育的言説の批判的考察(梶原将志)
「大衆をほぐす」―シアトロクラシーと映画(館)(海老根剛)
音楽=劇の批判的構成のために―ベンヤミンとアドルノの美学を手がかりに(柿木伸之)
今日のアートにおける批判とは何か―参加型アートを中心に(石田圭子)
演劇とアール・ブリュット―ヴァレール・ノヴァリナの俳優論を中心に(井上由里子)
「花の下」連歌における“観客”の発生と融解(土田耕督)
特別寄稿 ボエティウス『音楽教程』における音楽観―音楽の三分類と音楽家の規定をめぐって(田之頭一知)