National novels<br> 北岳殺意の岩壁

個数:

National novels
北岳殺意の岩壁

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B40判/ページ数 272p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784930703620
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

南アルプス北岳で登山者の落石による男性の遺体が発見された。所持していた期限切れの健康保健証から、身元は山具職人と判明したが、男は3年前に謎の失踪した人物だった。しかも事故現場で発見された血文字のダイイングメッセージから、事故は殺人事件と断定された。長野県警の道原伝吉刑事は捜査を開始するが、被害者の謎の行動に捜査は難航を極める。そして穂高岳の涸沢で発見された男性の第2の撲殺遺体によって、事件は連続殺人の様相を呈して来た。山岳ミステリの旗手が贈る問題巨編。

著者等紹介

梓林太郎[アズサリンタロウ]
1933年1月20日、長野県飯田市に生まれる。貿易会社、調査会社などを経て、1980年『九月の渓で』で小説宝石エンタテインメント小説大賞を受賞。趣味でもある長い登山経験を元に、山岳推理小説の第一人者となる。山岳救助隊員・紫門一鬼シリーズ、山岳ミステリシリーズ、長野県警刑事・道原伝吉シリーズ、旅行作家・茶屋次郎シリーズなど著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。