戦うことに意味はあるのか 平和の価値をめぐる哲学的試み (増補改訂版)

個数:

戦うことに意味はあるのか 平和の価値をめぐる哲学的試み (増補改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 21時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 325p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784910425047
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C3012

内容説明

人間であること、これを問う政治哲学の徹底。その先に見えるのは、果たして平和的共存の根源性か、戦いのそのとき、自分以外ではありえない人間の生々しさか。

目次

序章 増補改訂版への衣替えについて
第1章 誰が死ぬのか―ポレモスとオイコスをめぐる試論
第2章 終末論と政治闘争―エリック・フェーゲリンとカール・レーヴィットにおけるアウグスティヌス受容
第3章 無へと向かう日常的共同の気遣いについて―エックハルトと超越論的ハイデガーのあいだで
第4章 ホッブズ的人間のゆくえ―人格の倫理学のために
第5章 ラルフ・W.エマソン「偉人の効用」―『代表的人間』所収、訳と解題
第6章 「戦争」に先行する「平和」―レヴィナス『全体性と無限』における「平和」概念の二義性から
第7章 米国公民権運動と新たな日常的共同―政治学とは別の仕方で
終章 戦うことの是認?―「戦うことに意味はあるのか」という問いについて

著者等紹介

佐藤香織[サトウカオリ]
2010年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了、2013年パリ第10大学博士課程修了。博士(哲学)。現在、神奈川大学兼任講師。専攻は哲学・フランス現代思想

遠藤健樹[エンドウケンジュ]
2014年東北大学大学院文学研究科博士課程後期課程修了。博士(文学)。現在、北海道教育大学釧路校准教授。専攻は哲学・倫理学・社会思想史

横地徳広[ヨコチノリヒロ]
2007年東北大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、弘前大学准教授。専攻は哲学・倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。