ロボットをソーシャル化する―「人新世の人文学」10の論点

個数:

ロボットをソーシャル化する―「人新世の人文学」10の論点

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月24日 21時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784909783639
  • Cコード C0010

内容説明

ロボットやAIをめぐる期待論と脅威論。この「断絶」をどう乗り越えてゆくか?現状の技術水準の正確な理解をふまえ、思想史・社会科学・教育学など多角的な視点から、「人新世」におけるロボット=AIと人間のスリリングな共生のビジョンを具体的に提言する「人新世の人文学」の挑戦!

目次

第1章 汝自身とAIを知れ―AIにはなにができないか
第2章 制約されたデザイン―子ども、発達、ロボット
第3章 恐怖の在処―人工知能はなぜ恐れられるのか―近代社会原理への脅威という観点から
第4章 脱過労社会へ―知能社会における労働と所有
第5章 哲学の忘却―人工知能における心・意識・所有
第6章 共存?―われわれは奴隷を作るのか
第7章 自律機械と日本思想―仏教と武士道における所有について
第8章 責任概念の変貌―自律機械の責任概念への経済分析を用いたアプローチ
第9章 法体制への問い―自然言語処理を組み込んだ自律機械に関する所有と応報性
第10章 教育の変革―初等中等教育と人工知能―学校教育における扱いの検討

著者等紹介

松浦和也[マツウラカズヤ]
1978年、大阪府生まれ。東京大学文学部卒業、東京大学大学院人文社会系研究科修了。博士(文学)。東京大学大学院人文社会系研究科助教、秀明大学学校教師学部専任講師を経て、2018年より東洋大学文学部哲学科准教授。専門はギリシア哲学。国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)「人と情報のエコシステム」(HITE)研究領域において、「高度情報社会における責任概念の策定」(企画調査・2016年度)、「自律機械と市民をつなぐ責任概念の策定」(研究開発プロジェクト・2017~2020年度)の研究代表者を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

1
汝自身とAIを知れ:AI・期待と現実 計算機の学習 AI・人間の能力 制約されたデザイン:幼いこどもの規範意識 ソーシャルロボット・子どもの意識 節度あるデザイン 恐怖のありか:代替恐怖 不透明恐怖 交換的正義と配分的正義 社会契約論の枠組み 近代社会原理の基礎 脱過労社会へ:人類史のなかの労働 AI大失業 過労社会・日本 新たな所有の在り方 哲学の忘却:人工知能・心と意識・労働と所有 共存:アリストテレスの奴隷観 ロボットの本質的構造と価値 自律機械と日本思想 責任概念の変貌 法体制への問い 教育の変革2021/02/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17120486

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。