アネモネの姉妹 リコリスの兄弟

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 308p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784909689504
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

兄弟姉妹に一度でも仄暗い感情を抱いたことのあるあなたへ。花言葉をモチーフにした感泣と戦慄の連作短編集。

著者等紹介

古内一絵[フルウチカズエ]
映画会社勤務を経て、中国語翻訳者に。第5回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞し、2011年にデビュー。2017年『フラダン』(小峰書店)で第6回JBBY賞(文学作品部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

fwhd8325

163
私にも兄姉がいます。それぞれ、あんたの方が…と勝手なことを言います。どの作品にもピリッとしたスパイスの刺激のようなものを感じます。許される関係、甘えてもいい関係、その逆もまた兄姉なんだろうなと、少ししみじみとしています。タイトルからだけでは想像がつかない面白さがこの作品集にはありました。2020/01/30

モルク

139
兄弟姉妹を花言葉とかけた6つの短編集。血が繋がっているからこその、嫉妬、依存、執着その他もろもろの感情が溢れる。すべてではないが、親から受ける期待は長子ほど高く、愛は末子ほど深い傾向が…。私は一人っ子なのでこのような感情を持つことなくひとりで背負ってきた。しかし友人に言わせると不平等感は介護などで増し、同窓会には帰郷しても親元に寄らず、全て姉任せの弟に怒りを通り越して、あんなに可愛がられていたのにというがっかり感が強いそうな。ドロドロした話が続くなか最終話のキャロラインでスカッとする!2021/10/09

うどん

135
面白かったー!!古内さん大好きです!最後の話、面接の場面スカッとしました🙌2019/10/06

のぶ

133
花言葉をモチーフにして、兄弟姉妹のドラマを絡ませた短編集なのだが、自分は花言葉に興味がなく、そこの部分を深く読んでいないので、作者の意図から外れた感想になるかもしれないが、どの作品にも兄弟姉妹の関係が描かれている。環境や状況は様々。しかし全体を通して感じたのは、これらの関係は糸が絡み合ったように難しいものばかりだ。血縁関係にあるので頼りになる部分も多いはずだが、本作に描かれているものはややこしい。文章は古内さんらしさがよく出ていたが、登場する花は奇麗さよりも、毒が込められているように感じた。2019/09/15

ナイスネイチャ

116
図書館本。兄弟や姉妹の軋轢をドロドロした感じで綴った短編集。マカンマランシリーズみたいに爽やか系と思ってたら、真逆だったんでびっくり。花占いで人格や心の奥底を表現するなど切り口がちょっと違うところも。2019/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13953287

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。