血と汗とピクセル - 大ヒットゲーム開発者たちの激戦記

個数:

血と汗とピクセル - 大ヒットゲーム開発者たちの激戦記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 13時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 395p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784909688019
  • NDC分類 589.7
  • Cコード C0098

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

K

5
ゲーム開発の話。紹介されてたゲームではアンチャーテッド4はプレイした。ひたすら「おもしれー!」って思いながらプレイしただけだけど、こんなに苦労があったとは…。感謝!2019/06/30

人生ゴルディアス

3
大変すばらしかった。うまくいく話、行かない話、紆余曲折あったけどうまくいく話、紆余曲折あってダメだった話……。みんなでゲーム作ろうぜ!とオタク友達で語り合うグループが1000あったら、完成するのは10以下だと言われている。完成までには山ほどの問題があるからなのだが、それは1000万ドル規模の予算を持つAAAタイトルでも根本的には変わらないようだ。ビジョンの共有・開発ツール・締め切り、が開発完了までの三種の神器。2021/02/28

じろう

2
ちゃんと動いてなおかつ面白いゲームが完成するのは"奇跡"、まさにそう思った。開発者の苦労は、読んでいるだけでも疲れるほど壮絶だった(5年開発で1年間ほぼ寝ずに開発とかホント怖い)。ただ、どのゲーム会社ストーリーにも共通しているのは、そんな開発の厳しさに負けることなく一心に面白さを生もうとする熱さ。これはある意味他の人には真似できない才能で、ゲーム作りにおいてプログラミングができるとか、デザインが上手いとかを超えるほど立派なものだと思う。比較的最近のゲームソフトの話で、「へぇ」と思いやすいのもよかった。2020/09/14

nobu23

2
海外の大作ゲームを中心に、完成させるまでの紆余曲折を描いた作品。残業で死にそうになるほど働く、クランチというワードが大量に出てくる2019/07/07

みんみん

1
世界的にヒットしたゲームの製作裏話。何年間もかけて個人で製作するのは凄いが、無収入の間、それを支え続けるパートナーも凄い。欧米の企業は日本よりもホワイトだと思っていたが、ゲーム開発会社に関してはそれは当てはまらず、世界中どこも発売が近づいてくるとブラックそのもので、挙げ句の果てには発売前に中止になって全社員解雇とか壮絶な話が載っています。想像以上で興味深い話でした。2019/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13924336

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。