ぼくとジムランの酒とバラの日々 (新版)

個数:

ぼくとジムランの酒とバラの日々 (新版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月14日 03時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784909646330
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0073

内容説明

レコード演奏に人生を捧げた、伝説のジャズ喫茶店主の原点。

目次

一枚のレコード
ベイシー・サウンドの夜明け
テキサス・スタイルの岩崎さん
375のホーンレンズはトタン屋根!?
音は見るもの
もっと低音を!!
スピーカーに喋らせろ!!
カウント・ベイシーの場合
菅野沖彦参上!
音を取り次ぐ〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yoshi

0
ベイシーというジャズ喫茶のマスターの音楽に対する熱意とそれにまつわる物語を描いている本。 古き良き昭和の話で、何かを追求する精神性の大事さは最近ほとんど聞かなくなった時代で、いい音に関する様々なそれは自分も体感、今でもしていることなのだが今では多様性とかになってしまってこうした追及事態に意味が持たせられない事も出てきたりしていて、それでさみしいことなんだよね、と。 情熱をもって、この音がいいんだ、と言ってそれを出すって単純なそれは本当に楽しい事。 一度ベイシーに立ち寄ってみたいという気持ちになった。2021/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16586340

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。