[テキスト] ele-king臨時増刊号<br> コロナが変えた世界

個数:

[テキスト] ele-king臨時増刊号
コロナが変えた世界

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年01月25日 23時08分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784909483577
  • NDC分類 304
  • Cコード C0095

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takeapple

9
コロナが世界をどう変えるのか、7月の時点(出版が7月だから書かれたのはもっと前)でのことだけれど、書かれていると言うかインタビューしたことが書かれている。宮台真司や上野千鶴子、ブライアン・イーノ、ヤニス・ヴァルファキス、内田樹、宇都宮健児、五野井郁夫、篠原雅武など面白かった。参考文献としてあげてあるものも含め、同じような趣旨の本とは一味違うかなあ。2020/12/05

ひで

1
コロナが気づかせてくれた事は、日本という国の脆弱性と、改めて政治の行き当たりバッタリ感でした。個人の自立と連帯を多くの方々が語っています。2020/11/19

spike

1
内外のカルチャー系(って何?笑)の知性たちへの2020年4〜5月のインタビュー集。後の時代になってこの頃(第一波とかまだ呼ばれてるんだろうか)と今(2020年9月)にどれだけの違いを見ているかはわからないけど、今現在の感覚からはすでにだいぶ違いを感じる。でもそうやってすぐ今までを振り返り考察することは大事なのだと思う。2020/09/13

tanakaereki

1
自分は「最新」の答えや知見を欲しがってしまっていた向きがあったな読後何となく反省 普段から機を見ては読むようにしている論者は特段変わった事を語っておらず日頃触れてる文脈上でいつも通り語ってくれているので良くも悪くも安心して読めた 普段読まないタイプの書き手のインタビューやエッセイが読めるところにオムニバス形式の良さがあると思うので今回はその点でも十分に楽しめた2020/07/15

いなり

0
コロナについて、色々な分野の人の論文があり、偏ってない話が聞ける。 中でもコロナ禍における芸術のあり方については、考えさせられた。あるものさしで測ると無価値なものが、別のものさしをあてがうと宝物に見えることがある。芸術はそういうものの見方の多様性を提供してくれる。芸術はコントロールの効かない状況を受け入れる事を学びを与える。音楽を聞く事、宗教、セックス、我々がやるのが好きなことは自分に何かが起こる事を許す、何かに自らを明け渡すための方法である。降伏し委ねるのは、何かを学ぶ事で、自分自身の変化を許す事だ。2020/09/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15867835

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。