自分と他人の許し方、あるいは愛し方

個数:

自分と他人の許し方、あるいは愛し方

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年07月25日 18時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 219p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784909394378
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

恋愛、結婚、出産、更年期…今ではほとんど語られなくなった、人類の深い知恵をもう一度。酸い甘い、古今東西、人の生き死に。越境する思考が、先が見えない時代の足元を照らす。

目次

1章 恋も愛も超えた関係
2章 感情のタメ、時のおもり
3章 からだが喜ぶことをする
4章 「活躍」の形はいろいろ
5章 家で生まれて家で死ぬ
6章 女を生きるのは楽しい
エピローグ―わたしたちは、みんな、ほめられたい

著者等紹介

三砂ちづる[ミサゴチズル]
1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。京都薬科大学卒業。ロンドン大学Ph.D.(疫学)。津田塾大学多文化・国際協力学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かりんとー

12
(図書館)三砂さんの身体論はいつも目から鱗です。生とか死とか性とか、普段ネガティブに語られがちなものをうまーくポジティブに語る。おすすめ! 「幼い人なら誰でも育てさせてもらえるわけではなく、逝く人なら、誰でも看取ることを許されているはずもない。身近な世話をさせてもらうことは、特権であり、 世話をさせて貰う人は選ばれている。 世話をさせてもらうことは、信頼と社会的承認との果てに、可能なことなのである。」2020/11/21

もも

9
本屋さんでパラパラ中身を見て面白そうなので買ってみると、以前読んだオニババ化する~の著者の方だった!凝り固まった考えがスーッととけていき、そういう考え方もあるんだ!ととても勉強になった。 自宅分娩とオムツなし育児は特に興味深い。2021/02/24

宮崎太郎(たろう屋)

8
自宅での出産、自宅で迎える死、私たちの先代が当たり前にこなしてきた多くの事を現代の人は圧倒的未経験で来てしまった。こんな時代を生きる私たちは誰もみんな立場は同じで上も下もない。だから一人一人が支え合うには情があったほうがいい、私もあなたも許し合えた方がいい。三砂さんの男にも女にも注がれる上に溢れる言葉が心地よい。きっと何度も読み返す一冊になります。2020/05/24

しおこ

7
エッセイ。サウダージはもう会えない相手のことを思う事。60歳の方の世代の違う考え方を知られて興味深かった。還暦過ぎても楽しいのではなく、還暦過ぎたら楽しい。50代で人生いろいろな決着がつくから悩む必要がなくなる。後戻りできなくなる。夫を自宅で看取られていたりブラジルで子育てされていたりふるめかしい考えだけじゃない感じが読みやすかった。最後の認知症の方がある日若い職員に叱られて、そこから死を感じてしまった話が印象的だった。叱られると心の一部が死んでいく。2022/03/13

藻しお

7
タイトルに惹かれて手に取った本。結婚、出産、子育て、性、看取り、そして自らの死…etc. 現代社会における女性の生き方に関して幅広く書かれていた。著者の三砂さんの専門分野は国際保健のようで、その観点からのお話も面白かった。 人生を見届け合う関係の話とエピローグの「わたしたちは、みんな、ほめられたい」が印象的だった。2021/03/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15883145
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。