99%のための経済学―コービンが率いた英国労働党の戦略

個数:

99%のための経済学―コービンが率いた英国労働党の戦略

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月17日 07時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 406p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784909237569
  • NDC分類 332.33
  • Cコード C0033

内容説明

新自由主義によって破壊された人々の生活、広がる格差と貧困、富を蓄積する大企業、深刻化する気候変動、そしてコロナ禍…。次々と襲ってくる「危機」に対して、ヨーロッパの左派はどのように立ち向かおうとしているのか?ジェレミー・コービンが党首時代の英国労働党で、経済政策ブレーンたちがその叡智を結集した、革新的で、刺激的な、政策論集。

目次

ポスト真実の世界で経済学を民主化する
労働党の財政信頼性ルール
租税回避問題に取り組む
未来を守るために、英国はグリーン・ニューディールを必要としている
フェアでオープンで革新的!―労働党の国際貿易政策
英国経済の「脱金融化」と公共銀行の重要性
企業の所有形態のモデルを提案する
分断を超えて―国の繁栄のための権限移譲
新しい経済における民主的所有形態
新しい地域経済システム―英国と米国を例に
債務依存と日常生活の金融化
プラットフォーム独占とAIの政治経済学
データ・ニューディール
新しい経済と新しい経済学
ソーシャルインフラへの公共投資で、人々をケアする生産的で持続可能な経済をつくる
レンティア資本主義とプレカリアート―コモンズ基金がなぜ必要か

著者等紹介

マクドネル,ジョン[マクドネル,ジョン] [McDonnell,John]
1951年生まれ。英国労働党の政治家。工場労働者として働きながら夜間学校に通い、大学に進学。その後、労働組合役員、大ロンドン議会(GCL)財務委員長などを経て、1997年から英国議会議員。労働党の左派グループ「ソーシャリスト・キャンペーン」のリーダーとして活躍。2015年の労働党党首選で勝利を果たしたジェレミー・コービンのもとで「影の財務大臣」を務め、2019年の総選挙で労働党が敗北を喫したことで「影の財務大臣」を引責辞任。労働党議員として活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。