坂本真樹と考える どうする?人工知能時代の就職活動

個数:
  • ポイントキャンペーン

坂本真樹と考える どうする?人工知能時代の就職活動

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 267p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908804205
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0030

内容説明

理工系も文系も、これまでのアピールポイントはもう通用しない。変わりゆく職場に、求められる人材とは?

目次

1章 人工知能にかわる仕事とかわらない仕事(人工知能にかわられてしまう仕事;人工知能にすぐにはかわらない仕事)
2章 人工知能社会の就職と転職の成功術(これまでのアピールポイントはもう通用しない;人気の5つの業界で人工知能はこう使われている)
3章 人工知能のいる職場で人間に求められるもの(人工知能の特性を理解して動く;あなたが人工知能開発者なら;人間にはできて人工知能にはできないこと)
4章 人工知能と共存する未来の職場(一歩先を行く人工知能開発者となる;人工知能と共存してゆくために;人間として求められる大切なもの)

著者紹介

坂本真樹[サカモトマキ]
1998年3月東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程修了(博士(学術))。1998年4月同専攻助手、2000年4月電気通信大学電気通信学部講師、准教授を経て、2015年4月同大大学院情報理工学研究科教授。2016年8月同大人工知能先端研究センター教授を兼務。2016年10月よりオスカープロモーション所属(業務提携)。人工知能学会(代議員、学会誌エディター)、認知科学会(運営委員)情報処理学会、VR学会、感性工学会、広告学会等各会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)