僕は頑固な子どもだった

個数:

僕は頑固な子どもだった

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908762031
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0023

内容説明

日本一タフな105歳、初めての自叙伝。結核で床に臥した学生時代、薬も設備も足りない中、医師としての使命を全うした戦中戦後、よど号ハイジャック事件からの生還、延べ1300人の患者を救った、あの地下鉄サリン事件。そして最愛の妻を主治医として看取った101歳。この105年には壮大なドラマがある。

目次

プロローグ 105歳の私からあなたへ
第1章 負けず嫌いの「しいちゃん」
第2章 若き日にまかれた種
第3章 「医者」への道を歩む
第4章 アメリカ医学と出合って
第5章 「与えられた命」を生かすため
第6章 いのちのバトン
第7章 妻・静子と歩んだ日々
エピローグ 人生は「クレッシェンド」

著者等紹介

日野原重明[ヒノハラシゲアキ]
1911年山口県生まれ。学校法人聖路加国際大学名誉理事長、聖路加国際病院名誉院長。一般財団法人ライフ・プランニング・センター理事長など。京都大学医学部卒業、同大学院修了後、1941年聖路加国際病院に内科医として赴任、予防医学、終末医療の普及推進などに貢献。「生活習慣病」という言葉を生み出すなど常に医療の変化の先端を走ってきている。医学・看護教育の改善にも尽力。長年の功績が認められ1999年文化功労者。2005年文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。