仲直りの理(ことわり)―進化心理学から見た機能とメカニズム

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

仲直りの理(ことわり)―進化心理学から見た機能とメカニズム

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 46判/ページ数 304p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908736216
  • NDC分類 140
  • Cコード C1011

内容説明

いがみ合うのもばからしい。だけど仲直りも難しい。ケンカや誤解から生じるいざこざを解決する「仲直り」は、ヒト以外のさまざまな動物にも見られる興味深い現象です。赦しと謝罪の2つの側面をもつ仲直りの機能とメカニズムを、進化生物学のモデル研究、動物行動学の研究、心理学の研究を駆使し、進化心理学の視点から読み解きます。

目次

第1章 動物たちの仲直り(霊長類の仲直り;霊長類以外の動物の仲直り;多くの動物が仲直りすることの意味)
第2章 行動の進化の理(進化とは;心の働きも進化する;行動の進化)
第3章 赦すことの理(赦しの進化;誰を赦すのか?―自価値ある関係仮説;ヒトの赦し―関係価値と搾取リスク)
第4章 和解シグナルの進化(悔恨の情を示すことの進化;改悛のシグナル;霊長類の和解シグナル)
第5章 謝罪の理(謝罪の心理学;コストのかかる謝罪)
第6章 仲直りの至近要因(仲直りを促す感情;不確実性低減仮説;赦しの効用)
第7章 仲直りする力(セルフコントロール;至近要因にうったえる)

著者等紹介

大坪庸介[オオツボヨウスケ]
2000年、Northern Illinois University,Department of Psychology博士課程修了。Ph.D.。現在、東京大学大学院人文社会系研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。