インヴィンシブル―アーセナルの奇跡

個数:

インヴィンシブル―アーセナルの奇跡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 20時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 336p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908655050
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0075

出版社内容情報

38戦26勝12分0敗。いま明かされる"インヴィンシブル=無敵″シーズンの秘密。アーセナルの原点はここにある。
38戦26勝12分0敗。
いま明かされる?インヴィンシブル=無敵″シーズンの秘密。
アーセナルの原点はここにある。

 2004年5月15日、北ロンドンのハイベリー・スタジアム。すでにプレミアリーグ優勝を決めていたアーセナルは、最終戦の相手レスター・シティを2―1のスコアで降し、もう一つの大記録を打ち立てた。近代フットボール史上初めて、無敗で栄冠を勝ち取ったのだ。
 その中心プレーヤーは、ベルカンプ、アンリ、ヴィエラ、ピレス……。インヴィンシブルズと称えられる強烈な個性の持ち主たちを、指揮官アーセン・ヴェンゲルはいかにしてまとめ上げたのか。無敗優勝へと突き進めた原動力とは何だったのか。高潔なチームスピリットはどのように育まれていったのか。
 不滅ともいわれる快進撃の舞台裏を、監督・チームスタッフをはじめ、当時のプレーヤー、関係者への膨大なインタヴューを交えて描く、本格的スポーツドキュメント。
 これは、彼らの言葉で綴られた驚くべき物語だ。


インタヴュー協力者:イェンス・レーマン、ラウレン、コロ・トゥーレ、ソル・キャンベル、マーティン・キーオン、フレディー・リュングベリ、レイ・パーラー、パトリック・ヴィエラ、ジウベルト・シウヴァ、エドゥー、ロベール・ピレス、デニス・ベルカンプ、ティエリー・アンリ、イアン・ライト、リー・ディクソン、アーセン・ヴェンゲル、パット・ライス、ケン・フライアー、ニック・ホーンビーほか多数。


エイミー・ロレンス[エイミーロレンス]
6歳でハイベリーの試合を観戦、生まれついてのアーセナルサポーター。アーセナルFCを中心に20年以上『ガーディアン』および『オブザーヴァー』紙に寄稿する有数のトップ・スポーツライター。

アーセン・ヴェンゲル[アーセンヴェンゲル]
序文

東本貢司[ヒガシモトコウジ]
東本貢司 英国パブリックスクール修了、国際基督教大学英文学科卒。作家、翻訳家、フットボールライター/コメンテイター。

菅しおり[スガシオリ]
お茶の水女子大学卒。出版社勤務を経て翻訳者に。

内容説明

プレミアリーグ2003‐04シーズン。アーセン・ヴェンゲル率いるアーセナルは、前代未聞の快挙を成し遂げた。無敗で栄冠を勝ち取ったのだ。その中心プレーヤーは、ベルカンプ、アンリ、ヴィエラ、ピレス…。インヴィンシブルズと称えられる強烈な個性の持ち主たちを、指揮官はいかにしてまとめ上げたのか。無敗優勝へと突き進めた原動力とは何だったのか。高潔なチームスピリットはどのように育まれていったのか。不滅ともいわれる快進撃の舞台裏を、ヴェンゲル監督はじめ、当時のプレーヤー、関係者への膨大なインタヴューを交えて描く、本格的スポーツドキュメント。

目次

第1部 JANUARY1989‐NOVEMBER2003(紙一重;革命;錬金術;アドリブ)
第2部 NOVEMBER2003‐APRIL2004(信頼;激動;統率;ヴェンゲルボール;聖域)
第3部 APRIL2004‐MAY2014(71‐2004;見えない獲物;それぞれの思い;更地;名匠)

著者等紹介

ロレンス,エイミー[ロレンス,エイミー] [Lawrence,Amy]
20年以上『ガーディアン』および『オブザーヴァー』紙に寄稿するスポーツライター。ロンドン在住

東本貢司[ヒガシモトコウジ]
英国パブリックスクール修了、国際基督教大学英文学科卒。作家、翻訳家、フットボールライター/コメンテイター

菅しおり[スガシオリ]
お茶の水女子大学卒。出版社勤務を経て翻訳者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

etoman

1
アーセナルが無敗優勝した03/04シーズン。ヴェンゲルが監督に就任しプレミアリーグにパスサッカー、科学的トレーニング、栄養管理を取り入れThe Invinciblesと讃えられたチームが作り上げられた過程から優勝達成までをチーム関係者からの取材を基に書き上げられた一冊。さすがに裏切り者のコールとロンドンに馴染めなかったレジェスからのコメントは少ないが、主だったプレイヤーのコメントは非常に興味深く面白い。ただ、訳文が僕の好みじゃ無かったのが非常に残念。2017/04/25

Koji Ishiduka

0
キャンベルがアーセナル時代はなかなかの萌えキャラだったと知って驚く。多分、古風な不良のメンタリティだったんだろうな、とか勝手に想像。2017/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11552787
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。