師弟―笑福亭鶴瓶からもらった言葉

個数:
  • 動画あり

師弟―笑福亭鶴瓶からもらった言葉

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2021年05月14日 12時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 414p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784908443572
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0095

出版社内容情報


内容説明

「俺は、お前を辞めさすつもりはない」入門して2年が過ぎたある日、師匠・笑福亭鶴瓶に言った「弟子を辞めたい」。師匠から返ってきたのはこの言葉だった。30年の歳月が流れ、2020年2月22日、大阪松竹座の高座には、あの日の思いと言葉を重ねた『百年目』をトリで演じる笑福亭銀瓶の姿があった。弟子入り志願、弟子修業、年季明け、韓国で落語をする、舞台やドラマへの出演…、挑戦するたびに落語が変わる。師匠からかけられた言葉が心に刺さる。

目次

お前を辞めさすつもりはない
幼少期
小学生時代
中学生時代
高専時代
悩み~入門
修業スタート
独り立ち
変化
韓国語落語
舞台『焼肉ドラゴン』
覚悟と挑戦

著者等紹介

笑福亭銀瓶[ショウフクテイギンペイ]
1967年10月15日生まれ、兵庫県神戸市出身。1988年3月28日、笑福亭鶴瓶に入門。2005年から韓国語による落語も手がけ、韓国各地で公演を継続。2008年、繁昌亭奨励賞受賞。2009年、繁昌亭大賞受賞。2017年、文化庁芸術祭優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。