黒い蛇はどこへ―名曲の歌詞から入るブルースの世界

個数:

黒い蛇はどこへ―名曲の歌詞から入るブルースの世界

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月19日 17時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 411p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908406782
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0073

内容説明

ブルーな気持ちを吐き出すだけでなく、人を愛する幸せに満ち、ユーモアとウィットで笑顔を生み、性生活もあけすけに、たくましく生きる人々の姿を映したブルースの歌詞―マディ・ウォーターズ、ロバート・ジョンスン、B・B・キングほかブルースを代表するシンガーが歌った35の名曲を通して奥深いブルースの世界をご案内します。

目次

1 うちの台所へお入り(Blues Singer’s Love Songs)
2 おれは大都会のプレイボーイ(Boasting Man And Talking Back Woman)
3 落ち目になったらだれも(Lonesome and Blue)
4 ケイティ・メイのような女(Love Makes You Happy,Love Makes You Blue)
5 土曜の夜と日曜の朝と(Saturday Night’s Fun And Sunday Morning Prayer)
6 そのうちクーンが月に(Blues Singer’s Life Story)

著者等紹介

中河伸俊[ナカガワノブトシ]
1951年東京都生まれ。大阪府立大学および関西大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

skunk_c

48
待ちに待っていた書を一気に読了。元々は20年ほど前から「ブルース&ソウル・レコーズ」誌に書いていたブルースを主としたブラック・ミュージックの訳詞と解説をまとめるものだったそうだが、著作者の許諾(原詞の引用より訳詞の方がシビアだそうだ)が得られないものもあって、ほぼ書き下ろしといっていい内容に。滞米経験があり、社会学が専門の著者らしく、歌の背景、言葉の多様な解釈、そして楽曲への愛情がにじみ出た、素晴らしい著作だ。取り上げられた曲は有名曲が多いので、ブルースがお好きな方、是非本書を手元に楽曲を聴いて欲しい。2021/09/01

gachi_folk

8
読了してブルースはやはり生活に根付いているなと再確認する。 日常のちょっとした出来事、 今日はずっと雨が降っているとか、 あの子がどっかに行っちまったとか。 ジョニー・テイラーやハウリン・ウルフの詩を読んでなんとも心地よい気分になる。 酒がすすむ。極上のつまみとなる一冊だった。2022/05/03

k.m.joe

3
こういう世界だからこそ、新たな喜びを呼び起こすような「切り口」は難しい。だが、この本は見事な切り口で展開するだけでなく、読む者の心を切り開くような痛快さがある。そもそも、私もそうだが、ブルースの歌詞は多くの人がその意味合いを掴み切れず悶々としている。たとえ英語が理解できるとしても、ブルースの場合、詩情だけでなく、ネイティブな言葉遣いやダブル・ミーニング、さらに背景となる時代や黒人文化に精通しなければ真の理解には至らない。2022/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18479363

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。