ELGOLAZO BOOKS<br> 蹴球一徹―地域のJクラブを率いる指揮官の矜持 反町康治・小林伸二・石崎信弘

個数:

ELGOLAZO BOOKS
蹴球一徹―地域のJクラブを率いる指揮官の矜持 反町康治・小林伸二・石崎信弘

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2017年06月25日 11時47分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908324079
  • NDC分類 783.47

内容説明

過去3度のJ1昇格経験のある3監督が、2016シーズン、そろって4度目の昇格を目指し、J2を戦う。反町康治、小林伸二、石崎信弘。彼らは、ピッチ内はもちろん、ピッチ外ではサポーターや地元とのつながりを大切にし、その地域にJを根付かせようとたゆまぬ努力を続けてきた。そんな共通項を持つ3監督の足跡は、いわば“J2”の歴史であり、地域クラブの成長の軌跡でもある。では彼らは過去、どのような決断をし、戦って来たのか。密着取材してきた記者たちが、それぞれの時代を掘り起こし、その素顔と指導の真髄に迫る。

目次

第1章 反町康治(「あれはウソ泣きじゃないよ」;アルビレックスの成長、指揮官の進化;内に秘めた熱と情 ほか)
第2章 小林伸二(大分にて、Jクラブ指揮官としての第一歩;崩壊したチームを立て直した手腕;クラブの悲願・昇格に向けて ほか)
第3章 石崎信弘(広島のサッカー、その源流;変わらぬ信念を育んだ時代背景;二度の現役復帰と三度の引退 ほか)

著者紹介

斎藤慎一郎[サイトウシンイチロウ]
1967年生まれ。新潟県出身。スポーツ新聞記者を経て、新潟県内の情報誌編集部に勤務。アルビレックス新潟関連の書籍出版に携わる。同時に『J’s GOAL』等のサッカーメディアに執筆。2015年より『日刊スポーツ新聞新潟版』担当に。新潟県内のスポーツ全般を対象に取材活動をする

隈元大吾[クマモトダイゴ]
1973年生まれ。湘南ベルマーレに軸足を置いて取材・執筆。クラブオフィシャル刊行物の制作に携わる。専門誌や一般誌などにも幅広く寄稿。湘南ベルマーレを追いかけるウェブマガジン『縦に紡ぎし湘南の』主宰

多岐太宿[タキタスク]
1976年、長野県生まれ。2000年代の前半より物書きを志し、兼業ライターとしての活動をスタート。地域リーグ時代から地元の松本山雅FCをウォッチし、県内紙やサッカー専門誌などに寄稿。Jリーグ初年度の2012年3月より一念発起し、専業ライターとして独立。各媒体で松本担当を務める傍ら、ウェブマガジン『松本雷鳥通信』記者として松本のサッカーを取材している。また県内の他スポーツやグルメなど地域情報の執筆も手掛ける“ポリバレント”

佐藤円[サトウマドカ]
1968年生まれ。山形県鶴岡市出身。山形のタウン誌編集部時代の1995年、モンテディオ山形の前身であるNEC山形(当時旧JFL)の取材を開始。その後は徐々に取材の量を増やしながらフリーのライターに。2005年より『エル・ゴラッソ』の山形担当。2015年に立ち上げた山形の情報を伝えるウェブマガジン『ディオマガ』にも執筆している

江藤高志[エトウタカシ]
1972年生まれ。大分県中津市出身。工学院大学修士課程を中退後、技術系出版社に入社。1999年のコパ・アメリカをパラグアイで現地観戦し、そのままフリーランスの道に入る。大分トリニータの取材で記者の経験を始め、そのときに知り合えた石崎信弘の移籍とともに川崎フロンターレの取材を増やし、2004年から『J’S GOAL』の担当記者となる。現在も川崎Fを専門的に取材しており、ウェブマガジン『川崎フットボールアディクト』の編集長を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)