アウシュヴィッツの小さな姉妹

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

アウシュヴィッツの小さな姉妹

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908184338
  • NDC分類 976
  • Cコード C0098

内容説明

アウシュヴィッツを生き延びた6歳と4歳の小さな姉妹が見た戦争が家族にもたらす悲劇の物語。

目次

私たち姉妹のファミリーヒストリー
人種法、そしてアウシュヴィッツへ
アウシュヴィッツ―死があたりまえの日常
帰国への長い道のり
帰国、家族が一緒になる
アウシュヴィッツの真実を話し始める

著者等紹介

ブッチ,タチアナ[ブッチ,タチアナ] [Bucci,Tatiana]
1937年9月19日生まれ。現在ベルギー・ブリュッセル在住。イタリア系ユダヤ人。アウシュヴィッツの最も若い子どもの生存者のひとり。アウシュヴィッツでの体験を綴った回想録の著者

ブッチ,アンドラ[ブッチ,アンドラ] [Bucci,Andra]
1939年7月1日生まれ。現在アメリカ合衆国・カリフォルニア州在住。イタリア系ユダヤ人。アウシュヴィッツの最も若い子どもの生存者のひとり。アウシュヴィッツでの体験を綴った回想録の著者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ジンジャー(C17H26O4)夏季休暇中

89
アウシュヴィッツの数少ない子供の生存者であった姉妹の証言。実話。ビルケナウの体験のことばかりでなく、彼女たちの家族のこと、彼女たちが体験を語ったり書いたりできるようになるまでの苦しみや、前を見て過ごせるようになるまでの経緯なども平易な言葉で丁寧に書かれている。地図や図や表、写真なども多く用いられ、伝えたい、伝えねば、という思いを強く感じた。若い読者向けだが広く読まれるべき本だと思う。2022/03/05

キムチ27

57
非常に読み易く、中高生でも手に取れそう。ユダヤ人を祖に持つ2人姉妹。収容当時は6歳と4歳。家族は迫害を逃れ ソ連からハンガリーを経、現クロアチア領リエカで生まれ育つ。絶滅収容所アウシュヴィッツに入れられ、奇跡の連続する運命により 現代迄生き延び、実母とも再会できた。が親族14人中、存命だったのは4人。黙してきた時間の封印を開け 語った貴重な証言数。子供の目線で見聞きの状況を語っている。やがて地上から消えるであろう「収容所生活経験者の生き残り」の次なる世代への とてつもない架け橋になりうるといえる。2022/06/17

ブルちゃん

36
幼い子供は労働力がない為、人体実験に使えそうな子供以外は殺されてしまう。絶望的な生存率。そんな中、母の強い思いや、ブロコーヴァの助言により奇跡的に生き残った幼い姉妹の記憶。後に分かる、いとこのセルジオと19人の子供たちの運命(と表していいのか分からない)には、信じられない思いだ。語り継いでいこうとするその姿勢に頭が下がる。とても心に残った。2022/02/23

昼夜

23
これはブッチ一家のファミリーヒストリーとして書かれているけれど人間として忘れてはいけない、また起こしてはいけない歴史として一人一人が胸に刻むものだと、いろいろな分断で揺れる国内外の政治やヘイトクライムなどのファシズムの種になりそうなものが増えてきて改めて思いました。2022/01/03

uniemo

19
今まで読んできたアウシュビッツで生き残れた方のノンフィクションとしては一番年若い方の証言でした。当時のイタリア系ユダヤ人の家族の歴史としても興味深いものでした。姉妹はユダヤ人と非ユダヤ人の間に生まれているのですが、奇跡的な帰還を果たした孫と嫁に優しい態度をとることのなかった祖母に偏見の強さを感じました。2022/02/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18936644

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。