持続可能社会構築のフロンティア―環境経営と企業の社会的責任(CSR)

個数:

持続可能社会構築のフロンティア―環境経営と企業の社会的責任(CSR)

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年11月25日 00時02分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 315p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784907654610
  • NDC分類 519.13
  • Cコード C3030

内容説明

社会変革の中での企業経営、そして地球環境問題。持続可能な社会構築に向けて必須かつ革新的な考え方とCSRリーディングカンパニー(シャープ、富士ゼロックス等)の実例をわかりやすく紹介。巻末には専門語を解説した用語集つき。

目次

21世紀持続可能産業構築に関する総合政策研究―環境と企業経営
第1部 シンポジウム―関西学院大学「指定研究」およびリサーチコンソーシアム「2002年度特別重点プロジェクト」:21世紀持続可能産業構築に関する総合政策研究―環境と企業経営
第2部 持続可能性経営への取組み(持続可能な経営とその評価;持続可能な社会へ―富士ゼロックスの環境経営;サービサイジングが普及する条件;持続可能性経営とサービサイジング―モノから機能を売る(製品からサービスを売る)時代)
第3部 新たな環境経営手法への取組み(わが国における環境報告・環境会計をめぐる動向;企業の社会的責任について;持続可能性報告書とGRIガイドライン;持続可能性経営に役立つ環境会計に向けて)
第4部 地球温暖化への取組み(国際的な地球温暖化対策におけるフリーライド行為について;英国排出削減奨励金配分メカニズム;事業者による温室効果ガス会計の枠組みについて;温暖化防止に向けて―シャープ株式会社の取り組み)
第5部 環境リテラシーと環境リスク・コミュニケーションへの取組み(環境問題のリスク認知と協力行動;企業とステークホルダーとの対話―ステークホルダーミーティングの事例を通して;環境マーケティングの変遷;PRTR制度と環境リスク・コミュニケーション)

著者等紹介

天野明弘[アマノアキヒロ]
1934年生まれ。神戸大学経営学部教授、関西学院大学教授を経て、現在兵庫県立大学副学長および(財)地球環境戦略研究機関関西研究センター所長。神戸大学名誉教授、関西学院大学名誉教授

大江瑞絵[オオエミズエ]
1971年生まれ。2000年より関西学院大学総合政策学部専任講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。