カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する

  • 岡 大介【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • dZERO(2021/07発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)
  • ポイント 90pt
  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784907623425
  • NDC分類 779.7
  • Cコード C0095

内容説明

ひっくり返したビールケースの上、カンカラで作った楽器を手に、声を張り上げて歌うは「演説歌」。明治・大正時代の政治・世相風刺の歌にのめり込んだ青年は、現代唯一の演歌師として“まっすぐ”に歌い続ける!

目次

第1章 政治や社会をチクリと刺す「演歌」―尊敬する添田唖蝉坊・知道のこと(「演歌」誕生の歴史をたどる;どんな悲境の底にいても)
第2章 「無翼」の歌、「庶民翼」の歌―カンカラ三線を持ってどこへでも(演歌にはカンカラがよく似合う;労働者の街で見たこと、学んだこと)
第3章 同世代の流行り歌にこころ動かず―ぼくが「演歌」にたどりつくまで(銭湯、バタヤン、スーダラ節;拓郎、なぎら、そして高田渡「演歌」へ;演歌はかっこいい)
第4章 歌ってつながる人の縁―歌と酒と、厳しさと人情と(“投げ銭”で末永くよろしく;なぜか大阪はウケがいい)
第5章 政治の過ちを風刺に変えてまっすぐに―松元ヒロさんに学んだ芸の姿勢(「それは権力に屈することになるよ」;落語を知って広がった世界)

著者等紹介

岡大介[オカタイスケ]
1978年、東京都に生まれる。添田唖蝉坊・知道の流れをくんだ、明治・大正演歌を歌う現代唯一の演歌師。空き缶で作ったカンカラ三線をリュックに差し、全国を回って演奏活動を続けている。演奏の場は、寄席、演芸場、ホール、居酒屋での「流し」など多岐にわたり、集会や祭りに呼ばれることも多い。年間ステージ数は365を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。