北の大地の物語<br> おおかみのこがはしってきて

個数:

北の大地の物語
おおかみのこがはしってきて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 12時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 32p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784907542665
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

「ねえ、どうして?」

男の子がお父さんに聞きました。

アイヌの深い知恵に学ぶ命の物語。





アイヌに伝わる早口言葉を元に描かれた物語です。

親と子の対話を通じて、知恵の神髄に近づいていきます。

ストーリーは軽やかにテンポ良く、ユニークな飛躍を繰り返していき、

独特の面白みを醸し出しています。





【本書あとがきより】

アイヌの人々は、北の大地の先住民。はるかな昔から、大自然のふところで、豊かな暮らしを営んできた人々です。それは、大地から奪うのではなく、大地の恵み、それをもたらしてくれるカムイ(アイヌにとっての神)に 心から感謝する暮らし。人々が捕る鮭や鹿はカムイが遣わしてくれたもの、人々が捕る熊は客となって来てくれたカムイ自身と考え、心から感謝を捧げてきたのです。彼らは、一本の木を切り倒す時でさえ、深い祈りを捧げてきました。そんな人々の心の中には、とても豊かな、まるで天に輝くきら星のような物語の世界がありました。それは、北の大地からの贈り物。21世紀の今日、あまりにも多くの問題を抱えこみ、道に迷っているわたしたちへの、すばらしい贈り物なのです。(寮美千子)

寮 美千子[リョウ ミチコ]
著・文・その他

小林 敏也[コバヤシ トシヤ]
イラスト

内容説明

「ねえ、どうして?」男の子がお父さんに聞きました。アイヌの深い知恵に学ぶ命の物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yumiha

35
『あふれでたのはやさしさだった』(寮美千子))で奈良少年刑務所の社会性涵養プログラムとして「絵本と詩の教室」に使った絵本と知った。アイヌの少年がお父さんに「どうして」「どうして」と問う。まるで哲学みたひ。お父さんははぐらかすことなく答えてゆく。アイヌ文化の神髄をうかがわせる絵本。2020/01/27

とよぽん

28
ロクリン社2019年1月初版。アイヌ民族の早口言葉から創作されたお話で、大地の恵みを讃える深い自然観が伝わってくる。「ねっこは みえないけれど ほんとは みんな つちから うまれた きょうだいなんだ。」 2019/12/17

ヒラP@ehon.gohon

24
狼より偉いものは何? 氷で滑った狼の子を見て、お父さんと子どものやり取りが、不思議な展開を始めます。 狼より偉いのが狼だったらどうしようかと思っていたら、一番偉いのは土。 アイヌの哲学でしょうか? 納得というよりも、やり取りの展開を楽しみました。 氷でオチがつくのもユーモラスで好ましく思いました。 2019/05/11

みつばちい

19
末っ子に読んだ。アイヌの早口言葉をもとにした絵本。オオカミの子が氷の上で転ぶのは、氷の方が偉いから。でも氷はとける。それはお日様の方がえらいから、、とねずみの嫁入りのようにつながり、土が一番偉いとたどり着く。人も動物も植物も大地に育まれた、同じ根っこを持つ兄弟とのメッセージがよい。最後のユーモアにくすりとさせられた。2019/06/07

ヒラP@ehon.gohon

15
事業所で読み聞かせしました。2021/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13516585

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。