ふるいせんろのかたすみで

個数:

ふるいせんろのかたすみで

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2024年04月21日 00時45分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 32p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784907542511
  • NDC分類 E
  • Cコード C8797

内容説明

古い線路のそばに、6軒の家が連なる長屋がありました。住んでいるのは、みんな年老いた貧しい人ばかり。それぞれがそれぞれの人生を経て、今はこの古い長屋でひっそりと暮らしています。そんなある日、みんなで買ったクジが大当たり!とつぜん舞い降りた幸運に、長屋の人たちはどうしたでしょう?街の片隅や、路上の人々をテーマに多くの名作を遺した作家チャールズ・キーピング。唯一無二の絵の表現と、鋭い洞察力、あたたかいユーモアをもって描かれた作品です。

著者等紹介

キーピング,チャールズ[キーピング,チャールズ] [Keeping,Charles]
1924年、ロンドンの下町に生まれる。リーゼントストリート工芸学校でリトグラフ、エッチングを学ぶ。ローズマリー・サトクリフの作品に挿絵を描いたことがきっかけで、絵本の創作をはじめる。1967年『チャーリーとシャーロットときんいろのカナリア』(ロクリン社)で、イギリスの子どもの本に贈られる権威ある賞、ケイト・グリーナウェイ賞を受賞。その後、1981年にも“The Highwayman”でも同じ賞を受賞している

ふしみみさを[フシミミサオ]
1970年埼玉県生まれ。洋書絵本卸会社などを経て、フランス語・英語を中心に子どもの本の翻訳や紹介につとめている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちえ

44
1回目読んでから、2回目、3回目とじっくりと絵に見入りながら読む。細かいところまで描きこまれている絵がとても生き生きしている。ペン画の色使いもすごくいい。6軒の家がつながっている線路長屋に住む年を取った貧しい人たち。くじが大当たりしたときのみんなの絵が楽しい。それぞれのお金の使い道に、フフッて笑いながらもし自分ならどの人に近いかな、って想像してしまった。お年寄りたちだけでなくて、子どもたちや犬や猫、金魚、鳩といった生き物の絵も生き生きしているなあ。2019/10/19

スプーン

36
「人間に必要なのは富ではなく、その人自身の善き心根である」というのがわかる本。2018/06/20

みつばちい

32
古い線路の片隅にある長屋に住む老人たち。ケチもいれば自転車好き、金魚好き、お料理好きもいて。ある日、いつもみんなで挑戦しているサッカークジに当たり、大金を手にした。さて、みんなの暮らしはどうなる?? 色味を抑えた絵が素敵。クスッと笑える場面もあった。子どもと読んでみたい。2022/12/14

ヒラP@ehon.gohon

26
廃線になった鉄道の側で仲良く生活する高齢者たちが、突然手にした大金に人生がどの様に変わるか、面白くもあり哀愁のあるお話です。 細々と暮らす老人たちには目の飛び出るような大金です。 これからの残りの人生をどの様に生きるかと考えると、その変化が性格でもあり、それまでの人生を物語っているように思いました。 生き甲斐を見つけた人、明るくなった人がいる一方で、破滅的になった人、さらに暗くなった人を見ると、自分がどのタイプになるか、人生を考えさせられる絵本です。 2017/12/29

カラスノエンドウ

18
淡々と、しかしながら深い味わいのある絵本。ショートムービーに作れそうなお洒落な感じが良いです。 古い線路近くの長屋に住む6世帯の老人たちは共同購入したくじが大当りして… 大金が入って変わるそれぞれの生活。ユーモアと哀愁が入り交ざり、じんわりと心に染み込んできます。2018/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12407512
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。