ばいばい心の緊急事態 追い求めるのをやめてみた。―生きづらさのカラクリを知って幸せになる方法

個数:

ばいばい心の緊急事態 追い求めるのをやめてみた。―生きづらさのカラクリを知って幸せになる方法

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2022年01月25日 01時10分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784907537333
  • NDC分類 141.6
  • Cコード C0030

内容説明

大ベストセラーの自伝的小説「少年H」の著者妹尾河童を父に持つ心理カウンセラー妹尾まみ著。どうすれば、生きづらい気持ちから抜け出せるのか、自身も見捨てられ不安、希死念慮、共依存、二度も離婚、ワーカホリック、うつ病、不眠症…など50年近く「生きづらさ」を抱えていた体験からの視点で解説。決定的なトラウマではなく、誰にでもあるような苦悩や、どこの家庭にもありがちな親の抑圧的なしつけも「生きづらさ」を生むというカラクリと、その呪縛を解くカギが見えてきます。うまくいかない親子関係や夫婦・カップルの関係の対処法、子供・友達・同僚との関係づくり、依存症などについても実体験を踏まえてアドバイス。そして、「どうしてあの人が自殺?」の真相にも言及した「死にたい気持ち」の分析と自殺衝動をどうしたら乗り切れるのかについても。安心感の中で、さみしさや苦しさを感じないで過ごせるよう、そして希望が感じられる明日を迎えられるよう、頑張りすぎ屋の人にも、むなしさが続く人にも読んでいただきたい一冊。

目次

第1章 プロローグ(父、妹尾河童;継母、風間茂子 ほか)
第2章 とらえ方を変える方法(自分に都合良く受け止める;過去と他人は変えられないと心得る ほか)
第3章 死にたい気持ちになるとき(死なないためにできること;「なぜあの人が?」の自殺のわけ ほか)
第4章 言動を変える方法(心の健康を保つ;涙で心のデトックス ほか)
第5章 生きづらさを経て今―あとがきに代えて(親の老いがもたらしたもの;現在のパートナー ほか)

著者等紹介

妹尾まみ[セノオマミ]
心理カウンセラー(認定心理士)。44歳で東京福祉大学社会福祉学部社会福祉科国際福祉心理専攻。在学中の短期留学(フォーダム大学とハーバード大学)で最先端のアメリカのメンタルケアおよび福祉施設について学ぶ。高齢者介護施設勤務経験あり(ホームヘルパー1級、福祉用具専門相談員)。東武医学技術専門学校非常勤講師(2010~2013)。2005年にmami’sカウンセリング・ルーム開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。