ゲンロン叢書<br> 新写真論―スマホと顔

個数:
電子版価格 ¥2,376
  • 電書あり

ゲンロン叢書
新写真論―スマホと顔

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 46判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784907188351
  • Cコード C0072

目次

スマホと顔(スクリーンショットとパノラマ写真;自撮りの写真論;幽霊化するカメラ;写真はなぜ小さいのか;証明/写真;自撮りを遺影に;妖精の写真と影)
スクリーンショットと撮影者(航空写真と風景;あらゆる写真は自撮りだった;写真の現実味について;カメラを見ながら写真を撮る;撮影行為を溶かすSNS;御真影はスキャンだった)
写真は誰のものか(家屋写真のゆくえ;「見る」から「処理」へ;写真を変えた猫;ドローン兵器とSNS;Googleがあなたの思い出を決める;写真から「隔たり」がなくなり、人はネットワーク機器になる;写真は誰のものか)
ファサード(2017年10月1日、ラスベガスにて;香港スキャニング;香港デモ・顔の欲望とリスク)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ころこ

39
技術が思想を追い越しているスマホの写真は、無意識の欲望に根差している。自撮りについての一連の論考は、自撮り肯定派でも否定派でも、読者の気持ちをザわつかせます。自分が撮った顔を意図通りにシェアさせる強引な政治性は「私」の吐露のようですが、私小説がそうであるように、テクノロジーによって「盛られた」自撮りは、むしろ暗黙裡の「ほんとうの顔信仰」批判だといえます。誰もが手許にある道具で、議論の間口は広い。ところが、著者の蒔いた種は、その先にお手本が無いことに気付きます。真の意味で頭を使う稀有な論考です。2020/03/23

おっとー

12
スマホと自撮りの出現は視覚への意識を大きく変化させた…いや、むしろ一度はカメラによって外在化された視覚が再び人間のもとに戻ってきたのかも。スマホが出てきたことでカメラという男権的存在が中和され、誰でも難しい技術なしに写真を撮影・保存することができるようになり、自分をも撮れるようになった。ここから顔、幽霊、SNSの話など様々な視覚論に移ろいゆく。この本、表紙もどこか不思議で、本来「映え」の被写体となるべき建物にカメラを向けつつも、結局自撮りをする筆者、そしてその様子を撮る第三者…という構図がとても面白い。2020/08/31

アメヲトコ

7
工場萌えの仕掛け人で、ふだん建築・土木建造物を撮っている著者が、あえて写真と顔の関係について考察したもの。デジカメではなくスマホの登場がいかに人間とカメラ、写真の関係性を変えたのかが語られます。論と題してはいるものの全体的には直感的な語りが多く、地道な実証という感じはありませんが、著者の着眼点がユニークなので、読んでいて心地よい刺激があります。ガラスという素材と遠近法の関係、スマホでの撮影とスクショとの同一性の指摘などが個人的にはとくに面白かったです。2021/04/30

kumabook

5
5月に入って1冊目の読了。スマホ、SNS普及によって変化していった写真を論じている本だが、読まなきゃ良かった。もう今までのようにSNSの写真と関わることができなくなってしまった。スマホ、SNS普及後、写真に起こった変化は思っていた以上のものだった。今後どう写真を取り扱っていくべきなのかを深く考えさせられた。いま私たちの周りには写真が溢れかえっている。1日に何枚の写真と出会うのだろうか。私たちの周りを取り囲むものについての認識を深めることはとても重要だ。めっちゃおもろかったよ。2020/05/01

owlsoul

4
ベンヤミンはかつて「いま、ここにしかない1回性」の価値を「アウラ」と呼び、複製技術がそれを失わせるとして映画や写真について語った。現在、スマートフォンとSNSによって、写真はさならるアウラの消失にさらされているようだ。誰もが簡単に写真を撮りSNSで公開する昨今、無数に溢れた写真データはもはや撮影者の区別がつかない。そんな写真がアウラを回復するには「自撮り」によって撮影者を写し込むしかなかった。しかし、「盛る」と称して加工されるそれらの写真は、もはや現実の記録ではない。はたして、それらは「写真」なのだろうか2022/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15491435

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。