一生お金に困らない人生をつくる信頼残高の増やし方

個数:
電子版価格 ¥1,300
  • 電書あり

一生お金に困らない人生をつくる信頼残高の増やし方

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年02月26日 04時17分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784907072384
  • NDC分類 159
  • Cコード C0030

内容説明

1億円の現金より、たった1人の信頼をとれ。元メガバンク支店長が25年の銀行員人生で気づいた、お金では買えない、人生で最も大切なこと。

目次

第1章 ゼロからスタートする―信頼残高をどう積み上げていくか
第2章 エリート意識が危ない―誰もが油断して陥りがちな罠
第3章 行動と実績を見せる―人はどこを見て、何を信用するのか
第4章 数字に強くなる―お金の本質と信頼残高の関係
第5章 無形資産を蓄える―自分がしてきたこと、してこなかったこと
第6章 自分が操縦桿を握る―この人生の主導権は誰にあるか
第7章 ピンチをチャンスに変える―「人間万事塞翁が馬」の精神

著者等紹介

菅井敏之[スガイトシユキ]
1960年山形生まれ。1983年、学習院大学卒業後、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。個人・法人取引、およびプロジェクトファイナンス事業に従事する。2003年には金沢八景支店長(横浜)に、2005年には中野支店長(東京)に就任。48歳のときに銀行を退職。その後、起業し、アパート経営に力を入れる。また、2012年には東京の田園調布に『SUGER COFFEE』をオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

175
資産形成で大事な基本は人との信頼関係なんだなと気付かされた。2015/09/19

金城 雅大(きんじょう まさひろ)

11
信頼残高が高いひと低いひと、確かにいますね〜。30を目前にして、他者のその多寡が何となくわかるくらいには、人を見る目が養われていると自負しています。元銀行員ということでお金の話が主でしたが、無形資産的信頼を積み上げていくことが重要ですね。2016/11/03

ケルトリ

4
『未来のより、過去の実績で人は評価する』。実績を残すことが大事であり、また実績を分かりやすく示しておくことが”信頼”を生み出す。2020/03/31

☆ツイテル☆

2
フライヤー2021/12/31

うしまる

1
信頼を積み重ねることによって、信頼残高が積み上がっていき、それがどれだけあるかで人生が大きく変わる。信頼残高を貯める手段は、日々の小さな行動の積み重ねである。誰にでもわかりやすい言葉で話す、自分を大きく見せない、感謝の気持ちを適宜伝えるなど。考えではなくて行動と実績こそが唯一の証明となる。行動に責任が伴うことを意識して、日々行動していくべきである。 『星の王子さま』に登場する「言葉ではなくて、行動に基づいて判断する」に通ずるものを感じた。2021/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9800613
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。