北海道 地図の中の廃線―旧国鉄の廃線跡を歩く追憶の旅

個数:

北海道 地図の中の廃線―旧国鉄の廃線跡を歩く追憶の旅

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 13時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 448p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784906740307
  • NDC分類 686.211
  • Cコード C0026

内容説明

『地図の中の札幌』『北海道 地図の中の鉄路』に続く三部作が遂に完結!卒寿の著者、渾身の書き下ろし。レールの残照、廃墟の風景。

目次

1 オホーツク海斜面(天北線;興浜北線;興浜南線 ほか)
2 太平洋斜面と根室海峡斜面(標津線;白糠線;旧池北線(北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線) ほか)
3 日本海斜面と津軽海峡斜面(羽幌線;深名線;美幸線 ほか)

著者等紹介

堀淳一[ホリジュンイチ]
1926年、京都府に生まれ、1935年、札幌に移住。北海道大学理学部卒業後、同大学低温科学研究所助手等を経て、物性物理学・統計力学・数理物理学を専攻。理学博士。1980年まで同大学理学部教授として主に物理の研究・教育に従事。同年、人生二毛作に向けて大学を退職し、エッセイストに転向。1960年代より地形図を手に全国の旧道、廃線跡、産業遺産などを歩く旅をスタート。地図と旅の愛好者の集まり「コンターサークルS」を主宰。現在も各地を精力的に歩き続ける。1972年、『地図のたのしみ』(河出書房新社)で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

moonanddai

7
私が北海道に「上陸」したころ、まだ、これらの路線のあらかたは「あった」のでした…。乗ったことのある路線もあり、乗らずにそばを車で通った路線もあり、すでに廃線になった後のに見に行った路線もあり、です。確かに廃線後の風景というのは寂しい。ただあったものが無くなったというのではなく、無くなったものに吸い込まれるように風景自体が無くなった。私にとっての強烈な思い出は、かつて石炭を運んでいた線路から見える、崩れ落ちそうな「炭住」…。こういったものが線路とともに無くなって行きました。2018/03/11

yujiru2001

5
名著だが、後半の尻すぼみ感は否めない。2022/01/27

Teo

1
資料として購入。地図から見たものなので写真は無い。高い本なのでそこは理解して買うべき。2018/03/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12486943

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。