名機オスプレイの呪い

個数:

名機オスプレイの呪い

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 193p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784906732753
  • NDC分類 538.7
  • Cコード C0095

内容説明

稀代の名機か、悪魔の使者か!?垂直上昇と転換飛行は人類の悲願。魁偉な容貌と高スペックを誇るハイテク軍用機オスプレイの知られざる開発逸話と日本の空を飛翔する背景!

目次

第1章 あいつがやってきた―オスプレイのひみつ(マスコミとオスプレイ;普天間の価値;ヘリとの違い ほか)
第2章 軍用機の進化―オスプレイのご先祖さま(軍用機の誕生;神風号、世界記録を樹立;独日米の開発が合戦 ほか)
第3章 垂直上昇への挑戦―オスプレイへの道(まっすぐ離陸して飛びたい;アメリカ陸軍の迷走;「空飛ぶ円盤」の原点 ほか)
第4章 羽根をもがれた日本―オスプレイの怨念(飛行機をつくらない日本の技術;「ガンダムの世界は近い」;ロボットは人を超えるか ほか)
第5章 国防とは何か―オスプレイの功罪(なぜクローズアップされるのか;騒音と墜落の危険度;コンコルドの引退劇 ほか)

著者等紹介

渓由葵夫[タニユキオ]
兵庫県に生まれる。1994年『奇想天外兵器』(新紀元社)を出版する。以後、『奇想天外兵器』シリーズは10冊となり、その後、関連のフィギュアをタカラトミーから発売する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

オスプレイは稀代の名機か。飛行機の垂直上昇と転換飛行は人類の悲願。これまでにない容貌とスペックを誇るハイテク軍用機の真実。

魁偉な容貌と高スペックを誇る超ハイテク軍用機の真実!

オスプレイはアメリカ陸・海・空軍の悲願の飛行機であり、初飛行は約50年前。自衛隊の現在の主力戦闘機(要撃機)F-15イーグルは40年前の戦闘機である。ヘリコプターと比較にならないハイテクで、スピード・航続距離・大量輸送を誇るこれまでにない軍用機。非常に高度な技術と巨額な開発費のため、配備されるまで時間がかかった。しかし、ロシアも中国も持てない軍用機のため、沖縄に24機が配備されただけで、軍事バランスが変わったと言われている。自衛隊も購入予定である。

第1章 あいつがやってきた――オスプレイのひみつ
第2章