9.11テロ疑惑国会追及―オバマ米国は変われるか

個数:

9.11テロ疑惑国会追及―オバマ米国は変われるか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月23日 09時14分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 335p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784906496433
  • NDC分類 316.4

内容説明

世界に不幸をもたらしたブッシュのアメリカを変えるためには、その原点である9.11を直視し、検証することが不可欠である。世界の様々な市民のネットワークが今、国境を超え、疑惑解明のダイナミックな活動を展開している。本書は、その一翼を担った、粘り強い国会追及の記録である。

目次

第1章 世界に広まる疑問の声
第2章 日本にも広がり始めた疑問の声
第3章 ブッシュ弾劾決議と再調査への要望
第4章 9・11への鮮明な疑問
第5章 ツインタワー全面崩壊への明確な視点
第6章 日本の9・11真相究明運動と9・11調査委員会報告書への25の疑問
巻末資料

著者紹介

藤田幸久[フジタユキヒサ]
1950年茨城県生まれ。水戸一高、慶應大学哲学科卒。世界的な紛争解決NGOの国際MRAや難民を助ける会などで、これまでに世界45ヶ国を訪問。各地でボランティア活動。森進一さんの「じゃがいもの会」の難民支援プロジェクトをアフリカで立ち上げ。カンボジア和平、日米欧の労使関係、通商問題、企業倫理の国際会議を主宰。1996年から初の国際NGO出身政治家として衆議院議員を2期務める(東京比例区・東京12区)。対人地雷禁止活動を推進。官僚の天下りや不正入札問題を追及。民主党国際局長としてイラク日本人人質事件やスマトラ沖津波で、現地に飛び支援活動。2007年参議院議員当選(茨城選挙区)。民主党ネクスト防衛副大臣として防衛省不祥事問題やクラスター爆弾禁止条約などに取り組む。現在、参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会委員長。聖学院大学非常勤講師

グリフィン,デヴィッド・レイ[グリフィン,デヴィッドレイ]
神学者

きくちゆみ[キクチユミ]
著作・翻訳家/平和活動家

童子丸開[ドウジマルアキラ]
著述家・翻訳家

千早[チハヤ]
平和活動家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)