学術維新〈上〉

個数:

学術維新〈上〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 347p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784905849957
  • NDC分類 308
  • Cコード C0331

出版社内容情報

ついに登場! 異端の思想家・蓑田胸喜の主著、上・下巻同時刊行!

戦前・戦中の思想界に多大な影響を及ぼし、政治・思想史上の大きな存在性ゆえに、また緻密な論理と尖鋭的・戦闘的姿勢の相まった特異な思想から、保守思想の極北として近年毀誉褒貶の声喧しく、再注目されはじめた異端の思想家、蓑田胸喜。その数多の文業の中から厳選した著作を、改訂新版として復刊! 第2巻・3巻ではいよいよ、蓑田の代表的大著『学術維新』を、上下2巻に分けて同時刊行!

目次

序説 学術維新の方法論的現実的基礎
第1篇 精神科学とマルクス主義(精神科学の経験科学的性質と弁証法;精神科学の客観性といわゆる「階級性」;マルクス主義唯物論の心理学的分析;マルクス主義唯物論の認識論的考察;資本論の方法を論じて労働価値説に及ぶ;唯物史観とレーニンの体験したるロシア革命;マルクス、エンゲルスの芸術観を評す;マルクス主義対宗教の順逆的考察;河上肇氏の無理解のマルクス盲信と『資本論』誤訳;三木清氏のマルクス主義妄執;昭和研究会の言語魔術)

著者等紹介

蓑田胸喜[ミノダムネキ]
思想家。明治27年(1894)熊本県八代郡に生まれる。東京帝国大学文学部宗教学科卒業後、慶應義塾大学、旧国士舘専門学校で教鞭を執る。大正14年(1925)「原理日本社」を創立、その主宰となる。天皇機関説に異を唱え、共産主義に反対する言論を展開した。終戦後の昭和21年(1946)年に自殺(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。