エル・システマ―音楽で貧困を救う南米ベネズエラの社会政策

個数:
  • ポイントキャンペーン

エル・システマ―音楽で貧困を救う南米ベネズエラの社会政策

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 341,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784905706335
  • NDC分類 364.026
  • Cコード C0036

内容説明

“子どもを犯罪から救い、社会の発展に寄与する”南米ベネズエラで社会政策の一環として全国的に展開されている音楽教育システムの姿を描く渾身のドキュメンタリー。

目次

音楽は貧困の子どもたちを救うか
第1部 ベネズエラの社会とオーケストラ(遠い国ベネズエラ;貧困の子どもたちとオーケストラ;貧困、犯罪、騒乱の国)
第2部 街の合奏教室から社会運動へ(「演奏せよ、そして闘え」―国立ユース・オーケストラの挑戦;音楽教室の指導法―スズキ・メソードの導入;エル・システマ始動)
第3部 貧困、社会問題との闘い:オーケストラと社会政策(国民オーケストラの完成;オーケストラを使った社会政策;音楽による貧困からの脱却、社会への貢献)
第4部 “芸術後進国”でクラシック音楽が可能か(四〇〇の青少年オーケストラ―エル・システマの現在;ベネズエラの経験)
エル・システマを形成したもの

著者等紹介

山田真一[ヤマダシンイチ]
アーツマネジメント、文化政策研究。1963年東京生まれ。シカゴ大学大学院博士課程修了。大学教員を経て、文化創造研究所を設立。文化事業コンサルティングやマーケティング調査、シンポジウム、セミナーなど行う。全国紙、一般誌への寄稿、コメントなど多数。また、芸術評論などの寄稿も多い。現在、横浜美術短期大学などで非常勤講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。