痛いっの素―痛み専門医(ペインクリニシャン)が教える痛みの対処法

個数:

痛いっの素―痛み専門医(ペインクリニシャン)が教える痛みの対処法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年08月17日 12時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 176p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784905447801
  • NDC分類 493.1
  • Cコード C0011

内容説明

40年以上にわたり、3000件以上の症例を診察。数多くの研究発表や院長職、学会の理事などをこなし、今なお現場に立ち続ける「痛みのスペシャリスト」が、痛みの全容(しくみ、診療方法、処方等)から周辺情報までを語る。

目次

第1章 痛みを訴える人が増えている―痛みを取り巻くものとは?
第2章 患者さんに向き合い、その痛みを聴く―心構え、テクニック、コミュニケーションのためのアプローチ
第3章 痛みを見て、尋ねて、触れる―診察で私が心掛けていること
第4章 それぞれの痛みに応じた最適な癒しを―痛みへの具体的な処方
第5章 「人を救いたい」、この気持ちをいつも胸に―私はなぜ麻酔科医、そしてペインクリニシャンになったのか
第6章 医師として、院長として―小川流オープンマインドな仕事術

著者紹介

小川節郎[オガワセツロウ]
1972年日本大学医学部卒業後、日本大学医学部麻酔科学教室へ入局。麻酔科医として勤務。アメリカ・ワシントン州立大学麻酔科留学を経て、日本大学医学部助教授、教授と歴任。2002年11月から2011年10月まで駿河台日本大学病院院長を務めた。現在は日本大学総合科学研究所教授の職とともに日本大学麻酔科ペインクリニック等で臨床医としても活躍している。日本慢性疼痛学会理事長ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)