証言で綴る日本のジャズ〈2〉

個数:

証言で綴る日本のジャズ〈2〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 541p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784905447719
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0073

内容説明

何もなかった。ただ夢だけはいっぱいあった。戦後日本のポピュラー音楽=ジャズを切り拓いた先駆者たちの証言集。ミュージック・ペンクラブ音楽賞受賞作第2弾!

目次

宮川洋一
内田晃一
ジョージ大塚
五十嵐明要
原田忠幸
杉原淳
山木幸三郎(パート2)
渡辺文男
森寿男
北村英治(パート2)〔ほか〕

著者等紹介

小川隆夫[オガワタカオ]
整形外科医、JAZZジャーナリスト。1950年生まれ。ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレイキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、『スイングジャーナル』誌の連載を持つとともに、ジャズを中心に約三千本のライナーノーツを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

redlorry

1
1と引き続いて戦後の復興期のJAZZの歴史がここに紐解かれる。この書物が発刊されたことにより人々の記憶の中で埋もれて消えてしまうものを拾い上げた感じがし永遠に引き継がれていくでしょう。当時の「幻のモカンボ・セッション’54」やちょっと違うけど「JATP・イン・トーキョー」など残されている音を聴いてみたい…2017/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11172969

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。