追跡ルポルタージュ少年たちの未来<br> ぼくたちやってない―東京・綾瀬母子強盗殺人事件

個数:
  • ポイントキャンペーン

追跡ルポルタージュ少年たちの未来
ぼくたちやってない―東京・綾瀬母子強盗殺人事件

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月26日 23時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 289p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784905447030
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

行き場のない少年たちを巻き込んだ典型的なえん罪事件。1989年、東京・綾瀬。いじめに遭い、不登校となった少年たちが、軽い気持ちでついたうその証言から、彼らは殺人事件の容疑者として窮地に追い込まれる。密室で繰り広げられる、巧妙かつ恫喝的な警察による違法な取り調べから、子どもたちを守ろうとする親と弁護士たちの攻防を追う。

目次

第1章 ある日、突然、登校拒否生徒が
第2章 学校からはじかれて
第3章 九人の弁護士
第4章 代用監獄の密室で
第5章 犯人の気分になって
第6章 暴かれたアリバイ隠し
第7章 問われる人権意識

著者等紹介

横川和夫[ヨコカワカズオ]
1937年、小樽市生まれ。60年、共同通信社入社。72年に文部省(現文科省)を担当、論説兼編集委員を経て現在はフリー・ジャーナリスト。「仮面の家=先生夫婦はなぜ息子を殺したのか=」(共同通信社刊)で93年度日本新聞協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。