戦術リストランテ〈2〉21の疑問から読み解く、サッカーのセオリー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 282p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784905349112
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0095

内容説明

海外サッカー週刊誌footballista人気連載書籍化第二弾。いま一番知りたいテーマは「戦術」で解明できる!男女の日本代表の未来を示す戦術分析2編を特別収録。

目次

第1章 ヨーロッパ最先端の戦術(バルセロナのコピーは実現可能か?;モウリーニョが目指すサッカーの完成形とは? ほか)
第2章 変化する勢力地図(マンCにみる、正しいお金の使い方とは?;パリSGは本物のビッグクラブになれるのか? ほか)
第3章 戦術で知るサッカーのセオリー(監督交代は損か得か?;ルイス・エンリケが直面した外国人監督の苦悩とは? ほか)
第4章 EURO2012で見えたパスサッカーの優位(攻撃的に生まれ変わったイタリアの秘密とは?;無敵艦隊スペインは、なぜ勝ち続けられるのか?)
第5章 日本と世界の距離(香川真司はマンチェスターUで活躍できるか?;男子サッカー五輪ベスト4の隠された意味とは? ほか)

著者等紹介

西部謙司[ニシベケンジ]
1962年9月27日、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、会社員を経て、学研『ストライカー』の編集部勤務。95~98年にフランスのパリに住み、欧州サッカーを取材。02年にフリーランスとなる。06年の『footballista』創刊時から「戦術リストランテ」を連載中で、同誌が主催する各種サッカーイベントにも多数出演している。東京都シニアリーグで現役続行中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。