痛みと感情のイギリス史

個数:
  • ポイントキャンペーン

痛みと感情のイギリス史

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 363p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784904575598
  • NDC分類 233.05
  • Cコード C0022

出版社内容情報

【目次】
無痛症の苦しみ(伊東剛史)
Ⅰ 神経――医学レジームによる痛みの定義(高林陽展)
Ⅱ 救済――一九世紀における物乞いの痛み(金澤周作)
Ⅲ 情念――プロテスタント殉教ナラティヴと身体(那須敬)
Ⅳ 試練――宗教改革期における霊的病と痛み(後藤はる美)
Ⅴ 感性――一八世紀虐待訴訟における挑発と激昂のはざま(赤松淳子)
Ⅵ 観察――ダーウィンとゾウの涙(伊東剛史)
ラットの共感?(後藤はる美)
痛みと感情の歴史学(伊東剛史・後藤はる美)

【編者紹介】
伊東剛史(いとう・たかし)
ロンドン大学 Ph.D. 東京外国語大学大学院総合国際学研究院准教授。単著に、London Zoo and the Victorians, 1828-1859, Woodbridge: Boydell / Royal Historical Society, 2014. 共著として、『ヨーロッパ史講義』(近藤和彦編、山川出版社、2015年)、Animal cities: beastly urban histories (ed. Peter Atkins) Farnham: Ashgate, 2012. がある。

後藤はる美(ごとう・はるみ)
ケンブリッジ大学 Ph.D. 東洋大学文学部講師。共著に『礫岩のようなヨーロッパ』(古谷大輔、近藤和彦編、山川出版社、2016年)、『ヨーロッパ史講義』(近藤和彦編、山川出版社、2015年)。論文として、「一七世紀イングランド北部における法廷と地域秩序 国教忌避者訴追をめぐって」『史学雑誌』第121編第10号(2012年)がある。

▲本書編者によるfacebook 特設ページはこちら 『痛みと感情のイギリス史』

【PDF】訂正情報(2017年4月21日現在)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件