カケルがかける

個数:

カケルがかける

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 27cm
  • 商品コード 9784904188002
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

日本語って実に面白いと思う。例えば日本語だと「道路を渡る」という言葉以外に「横切る」「横断する」「向こう側に行く」など、たくさんの言葉で表現できるが、英語だと「Cross」の一言だ。そしてひとつの言葉でも、日本語はたくさんの使い方がある。今回の「かける」はそういった意味では、一番使い方の多い言葉だと思う。いろんな「かける」を考えているうちに、これは「かける」だけでドラマがかけるのではないかと思いついた。そこで著者はこの「かける」にかけてみることにしたのである。

著者等紹介

きむらゆういち[キムラユウイチ]
木村裕一。東京都生まれ。多摩美術大学卒業。造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞、JR賞受賞。2005年には東宝映画として上映。「日本アカデミー賞優秀賞」受賞。絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など広く活躍中。著書は500冊を超え、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている

ひらのてつお[ヒラノテツオ]
平埜哲雄。東京都生まれ。日本大学法学部、東京デザイナー学院グラフィックデザイン科卒。デザイナーを経て、イラストレーター、絵本作家となる。アクリル、水彩、CGアートから、写真とデザインのコラボレーションなど、多数の表現方法を使い作品を制作。日本児童出版美術家連盟会員、日本ワイルドライフアート協会会員、アニマルアート・イン・ヨコハマ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「あらしのよるに」シリーズ、「あかちゃん絵本」シリーズのきむらゆういちによる、ぜ~んぶ「かける」のことば絵本です。「みかける」「ロープをかける」「でかける」など、色んな「かける」が出てきます。