誇り・味方・居場所―私の社会保障論

個数:

誇り・味方・居場所―私の社会保障論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月25日 17時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 202p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784904084366
  • NDC分類 364.04
  • Cコード C2047

内容説明

この国の最高のジャーナリストの一人として、日本の遅れた社会保障を変えるために書き続けた重要な論説が、この一冊に!社会保障変革のためのバイブルがここに誕生しました!

目次

第1部 ケアという思想(「事実誤認3点セット」と「日本型福祉」、そして、「日本型悲劇」;「寝たきり老人」は「寝かせきりにされた犠牲者」だった、という発見;介護をめぐる9つの誤解、そして、神風が吹いて「ゴールドプラン」誕生;正反対な2つの自立概念;「特別に」レベルを下げた「精神科特例」、そこにいま、認知症の人々が… ほか)
第2部 社会保障が変わる・変える(国民負担率―「言葉の魔術」にまどわされないために;利用者民主主義―プロが患者に教わる「でんぐりがえし」;避難所的ケアからの脱出―だれにも降りかかる「介護被災」;嘘をつかない医療―医療事故から学ぶ仕組みを;「患者」から人へ―認知症の精神病院入院はやめよう ほか)
第3部 わが母の地域包括ケア

著者等紹介

大熊由紀子[オオクマユキコ]
ジャーナリスト、国際医療福祉大学大学院教授。福祉と医療・現場と政策をつなぐ志の縁結び係&小間使い。東京生まれ。東京大学教養学科科学史・科学哲学分科卒業後、朝日新聞社入社。社会部、科学部記者・次長を経て、同社女性初の論説委員に。科学、技術、医療、福祉分野の社説を担当。東京大学医学部非常勤講師、厚生省人口問題審議会委員、中央社会福祉審議会委員、介護対策検討会委員、医療審議会委員、国民生活審議会委員、全国ボランティア活動振興センター運営委員なども歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。