超訳 古事記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903908151
  • NDC分類 913.2
  • Cコード C0014

内容説明

生死、愛憎、恋、諍い、霊…。全ての物語が、ここにあり。必読、日本誕生の神話蘇る。本邦最古の書。

目次

SCENE1 世界の誕生(体をもったふたりの神;形なき世界に島が生じる;伊邪那岐伊邪那美、ひとつに溶ける;島々を産む;伊邪那美命、神々を産む;黄泉の国にて;呪いの言葉を封じこめる;三柱の神の子、誕生)
SCENE2 天の国(「お母さんが恋しい」;高天原にて姉の天照と、神々を生む;まっ暗な世界;踊りに踊り、舞に舞う;五穀が生まれる;八俣の大蛇;歌の国)
SCENE3 地の国(大穴牟遅、稲羽の素兎を助ける;兄神たちの憎しみ;須佐之男命、試練を課す;大穴牟遅、大国主神となる;出雲の国、栄える)
SCENE4 国譲り(天照大御神、地上にわが子を遣わす;地上の国と高天原とのにらみ合い;一騎打ち;出雲大社、建立;天孫降臨;猿田毘古大神、道を塞ぐ;迩迩藝命、恋に落ちる;木花の佐久夜毘売、三人の子を産む;海幸彦と山幸彦;綿津見神の宮へ;山幸彦、豊玉毘売と結婚する;娘婿の嘆き;海幸彦、弟の守り人となる;豊玉毘売の出産;初代天皇、誕生)

著者等紹介

鎌田東二[カマタトウジ]
1951年、徳島県阿南市生まれ。國學院大學文学部哲学科卒業。同大学院文学研究科神道学専攻博士課程単位取得満期退学。現在、京都大学こころの未来研究センター教授。京都造形芸術大学客員教授。文学博士。宗教哲学・民俗学・日本思想史・比較文明学などを幅広く研究。17歳で聖地巡礼に目覚め、以来40年以上にわたり、国内外の聖地を参拝して回る。石笛・横笛・法螺貝奏者。フリーランス神主。神道ソングライターとして200曲以上を作詞作曲し、時にライブも行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。