私がしたことは殺人ですか?―この本を手にとってくださったあなたにお聞きしたいのです。

個数:
  • ポイントキャンペーン

私がしたことは殺人ですか?―この本を手にとってくださったあなたにお聞きしたいのです。

  • 須田 セツ子【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 青志社(2010/04発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 28pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年09月20日 02時13分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903853833
  • NDC分類 498.12
  • Cコード C0095

内容説明

殺人か、尊厳死か。延命治療中止をめぐって命の倫理が争われた「川崎協同病院事件」。もう“安らかな死”は選べないのでしょうか―。

目次

第1章 患者Aさんの死 98年11月16日、この日、病室で起きたこと
第2章 逮捕 沈黙がいっそう私を不利にした
第3章 裁判―横浜地方裁判所 私が「殺意」を持って「殺害」した!?
第4章 有罪判決 この判決の裏側に潜むもの
第5章 控訴審―東京高等裁判所 裁判は第一審が「すべて」なのです
第6章 上告―最高裁判所 尊厳死のガイドライン
第7章 私がしたことは殺人ですか? 殺人罪確定/救急医療現場の「終末期」