声に出せないあ・か・さ・た・な―世界にたった一つのコミュニケーション

個数:

声に出せないあ・か・さ・た・な―世界にたった一つのコミュニケーション

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月19日 11時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903690926
  • NDC分類 916
  • Cコード C0036

目次

第1部 伝え・受け取り・生きる―私の暮らし(世界にたった一つのコミュニケーション;食べる・動く・遊ぶ―介助者とともに)
第2部 障がい者になった日―生死の淵からの帰還と運命を変えた出会い(帰還―ICUでの一〇〇日間;医療―障がい者になる;転院;学校と進路)
第3部 学びはやめられない―大学生活とこれからの道(大学へ入ろう―受験から入学まで;大学生活と学問;学びの第二章の幕開け―立命館大学大学院へ)

著者等紹介

天畠大輔[テンバタダイスケ]
1981年広島県呉市生まれ。1996年若年性急性糖尿病により救急搬送された病院での処置が悪く、心停止を起こす。約3週間の昏睡状態後、後遺症として四肢麻痺、発語不能、嚥下障がい、視覚障がい等重複障がいを抱える。母が「あ・か・さ・た・なコミュニケーション」を見つけだし、外界とのコミュニケーション方法を獲得する。2004年ルーテル学院大学総合人間学部入学。2010年立命館大学大学院先端総合学術研究科博士前期課程入学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

14歳で障がい者となり、四肢麻痺、発語不能、嚥下障がい、視覚障がいなどの重複障がいを抱え、24時間の見守り介助を必要とする著者。外界とのコミュニケーションを完全に閉ざされた彼が、獲得した手段とは何か? 絶望の淵にたった14歳のあの日から、大学院生として学びの日々を過ごす今の姿まで……メンドクサクもタノシイ日常を、工夫を凝らし明るく生き行く、ダイスケの日々。