植民地朝鮮の警察と民衆世界 - 「近代」と「伝統」をめぐる政治文化  1894-19

個数:

植民地朝鮮の警察と民衆世界 - 「近代」と「伝統」をめぐる政治文化 1894-19

  • 愼蒼宇
  • 価格 ¥6,696(本体¥6,200)
  • 有志舎(2008/11発売)
  • ポイント 62pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 348,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784903426181
  • Cコード C3022

出版社内容情報

植民地下の朝鮮で、日本が警察を通じて持ち込もうとした「近代化」は果たしてどれだけ受容されたのか?本書は朝鮮王朝末期から韓国併合、武断政治へと向かう時代の朝鮮社会を舞台に、警察と民衆との関係を政治文化史の視点から解明し、朝鮮民衆と「近代」とのせめぎ合いの姿を描き出す。新時代の植民地研究と民衆史の展開が、今ここから始まる。

序 章 朝鮮における警察支配と民衆――課題と方法
第一章 朝鮮王朝末期における「警察」体系の形成               
第二章 甲午改革における警察改革
第三章 大韓帝国の警察支配                              
第四章 末端警察と民衆の政治文化
第五章 朝鮮植民地化過程における警察と民衆
第六章 義兵戦争と憲兵補助員制度の確立
第七章 「無頼」と「倡義」のあいだ
第八章 武断政治と憲兵補助員・巡査補
終 章 警察官のなかの「徳治」と「武断」