被告医師

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903186528
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

人生暗転、再生への光は射すのか?地域の産婦人科開業医として、平穏な日々を送っていた北村和彦。そんな彼のもとに、ある日突如現れたのは、裁判所から派遣された執行官と書記官。申立人は、三カ月前に不運にも死産に見舞われた元患者であった。原告側、被告側の攻防が続く中、予想もしえなかった証人の出現により、裁判は大きく動き出すことに…。

著者等紹介

藤本恵子[フジモトケイコ]
1951年、大津市生まれ。1977年に「ウェイトレス」で作家賞を受賞。1986年、「比叡を仰ぐ」で文学界新人賞を受賞し、同作品は芥川賞候補となる。1991年発表の「南港」により再び芥川賞候補となり、2001年の『築地にひびく銅鑼・小説丸山定夫』(TBSブリタニカ)で開高健賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

perakichi

1
昨日から今日にかけて、一気に読み終えた。医療過誤で訴えられた、ひとりの医師の窮地→凋落→流浪→再生→曙光と連なるストーリー。「ひとがひとを癒す」としたら、できるだけ、癒す「ひと」になりたいな、と、再認識させてくれる本。そうそう、著者も主人公も、1951年生まれ。この際、1952年生まれの異郷の師に連絡とってみよっと。2019/08/04

ひな

1
以前に読んだかもしれない。でも、全然ストーリーを覚えていなくて、この後どうなるんだろうと思いながら読んだ。記憶力なさすぎ。せっかく医師になったのに、なんて勿体ないことと、イライラしながら読んでいたが、最後は医師に戻ることになり、ホッとした。しかし、訴えた元患者はひどいなあ。こんなふうに、偶然の重なりあいで運命は決まって行くのかもしれない。2013/04/18

ともぞう@

0
医療訴訟は恐ろしいな~...医療過誤か,医療災害か,判断するのは人である.しかし判断する基準,技能を持っているのか.事実だけが判決では無い!ちなみに後半はどうでもよろしい.2011/10/18

すばるM45

0
元患者から訴えられる産婦人科医のお話。 絶句するほどの駄作。脈略も展開もなんもなし。ひどかった!2008/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/58430

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。