風天―渥美清のうた

個数:

風天―渥美清のうた

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年07月14日 09時54分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903175171
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0095

内容説明

えっ!寅さんが俳句!?俳号は言わずと知れた「風天」。話芸の天才、渥美清の「知られざる俳句人生」を元新聞記者の渾身ルポと発掘218句全解説で初公開する。

目次

プロローグ
第1章 埋蔵されていた風天俳句
第2章 「話の特集句会」と「アエラ句会」
第3章 隠者と日暮れの寅さん
第4章 あっ、あのときの情景だ!
第5章 寅のアリア
第6章 お遍路が一列に行く虹の中
エピローグ風天俳句全解説

著者等紹介

森英介[モリエイスケ]
1939年、徳島県生まれ。63年、早稲田大卒。同年毎日新聞社に入社し、社会部、「サンデー毎日」編集次長、「毎日グラフ」編集長、出版局次長、(株)東京データネットワーク専務を経て現在、コラムニスト(「俳句αあるふぁ」誌に「俳句ちょっといい話」13年連載中)、NPO法人ふるさと広報センター代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「渥美清は詩人だった」山田洋次、小沢昭一、早坂暁、矢崎泰久、浅井慎平…名だたる関係者の証言でよみがえる、渥美清「最後の贈り物」

第1章…埋蔵されていた風天俳句(風天句の現在の評価と収集話)
      ・いつ、どこで、誰とつくっていたか?ほか
第2章…話の特集句会とアエラ句会(参加していた4つの句会)
      ・トリ句会とたまご句会(和田誠)
      ・サンデー俳句王 ほか
第3章…隠者と日暮れの寅さん(句友たちの思い出話)
      ・東京やなぎ句会(故・江國滋)
      ・抱腹絶倒インタビュー(小沢昭一) ほか
第4章…ああ、あの時の風景!(友人、知人たち)
      ・ベッドの戦友・療養所の思い出話(梅村三郎)
      ・ドタキャンNHK番組・早坂秘話(早坂暁) ほか
第5章…寅のアリア(風天句の分析)
      ・オペラ独唱(倍賞千恵子)
      ・風天句分析
第6章…お遍路句が一列に行く虹の中(牧師、息子、監督)
      ・幻の第49作(山田洋次)
      ・父、渥美清(田所健太郎)
エピローグ…孤独の人だが粋な人(森久弥)
      

218の風天俳句を発掘した元新聞記者、知られざる渥美清の素顔に迫る渾身のルポ。渥美清が「風天」という俳号でうたった218句から、知られざる渥美清の私生活や心情を読み解く!