立身出世と下半身―男子学生の性的身体の管理の歴史

個数:

立身出世と下半身―男子学生の性的身体の管理の歴史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年02月26日 19時13分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 605p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903127187
  • NDC分類 367.9

内容説明

大人たちは、どのようにして少年たちの性を管理しようとしたのか?大人たちは、少年ひいては男性の性や身体を、どのように見ていたのか?この疑問を解明するため、過去の、教師や医師による発言、学校や軍隊、同窓会関連の書類、受験雑誌、性雑誌を渉猟し、当事者へのインタビューを敢行する。探究をつづけて10年―その成果をまとめたのが、この本である。

目次

序章 課題と方法
第1章 立身出世と性的行為の非両立―一八九〇年代における性的身体の使用禁止言説
第2章 「学生風紀問題」にみる青少年の性の問題化―一八八五~一九一二年の『教育時論』記事を中心に
第3章 「男らしい」人生への誘導―一九一〇~四〇年代の性教育における花柳病言説
第4章 M検と男子学生―一九三〇年代における男子の性の自己管理
結章 まとめと考察―「生産する身体」と「性的身体」がせめぎあう土壌としての男性身体

著者紹介

澁谷知美[シブヤトモミ]
1972年生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了、東京大学博士(教育学)。現在、東京経済大学准教授、ソウル大学奎章閣国際韓国学センター訪問研究員。専門は教育社会学、社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件