目印はフォーク!―カーラの脳損傷リハビリ日記

個数:
  • ポイントキャンペーン

目印はフォーク!―カーラの脳損傷リハビリ日記

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784902244892
  • NDC分類 936
  • Cコード C0036

内容説明

交通事故から無事生還と思ったら…頼んだ覚えのないピザが届く。いれた覚えのないコーヒー。記憶の障害は結果がビジュアル。彼女をサポートするのは、医師・看護師・臨床心理士・職業リハビリカウンセラー・弁護士の「チーム・カーラ」。『片ずけられない女たち』のニキ・リンコが訳す高次脳機能障害者の可笑しいけれど、悲しい真実の物語。

目次

私がバスに乗った日―赤信号ブルース
そんなひどいはずないと思ってた―怪獣「脳損傷」が見えてくる
やっぱり何か変?―診断はされたけど
反撃開始!
目印はフォーク―生活を工夫する
「軽度」のはずなのに
悪夢の検査
「障害者」として生きる
心理療法に助けられたこと―臨床心理士ジンジャーとともに
お金がない!―支払いまでの188日間〔ほか〕

著者等紹介

スワンソン,カーラ・L.[スワンソン,カーラL.][Swanson,Kara L.]
1996年1月、赤信号を無視して飛び込んできた車のために、アメリカで毎年200万人ずつ増え続ける脳損傷に悩む人たちの仲間入りをすることになる。その後、自身の高次脳機能障害者としての日常生活の悩みとリハビリに取り組む経験をユーモアをまじえて執筆した『目印はフォーク!―カーラの脳損傷リハビリ日記』を出版、好評を得る。大のスポーツ好き。ミシガン州デトロイト在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。