くるり かつらぎ・飛鳥・吉野大峯+十津川・桜井宇陀・大和高原

個数:

くるり かつらぎ・飛鳥・吉野大峯+十津川・桜井宇陀・大和高原

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月01日 22時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 126p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784901908931
  • NDC分類 291.65
  • Cコード C0026

内容説明

天降る里、かつらぎ散歩。はじまりの地、飛鳥。自然と人を学ぶ吉野大峯。ごちそう&カフェ。買い出しに行こう!

目次

天降る里、かつらぎを行く
くるりのぐるめぐり
飛鳥・奥飛鳥
自然と人がともにある場所 吉野大峯
日本一でっかい村 十津川を旅する
花暦 花も団子もお酒もね
桜井・宇陀 まほろば大和は、国のはじまり
奈良で拝んできました―お会いしたい仏様消しゴム版画とともに
大和高原は天空の里
なつかしの旧校舎を訪ねて
そうだ、買い出しに行こう!
奈良旅手帖セレクト年中行事

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あいくん

5
☆☆☆この本は奈良県南部に的を絞ったガイドブックです。 写真がきれいで、奈良県南部にあこがれます。飛鳥はレンタサイクルで回るのがいいみたいです。 飛鳥寺は蘇我氏が建立しました。 万葉集でも数多く歌われた飛鳥川も見てみたいです。 吉野も奥が深そうです。 日本最古のロープウェイにも怖いけれど乗ってみたいです。 世の中はなにか常なる飛鳥川昨日の淵ぞ今日は瀬になる(古今和歌集) み吉野の山の秋風さ夜ふけてふるさと寒く衣うつなり(新古今和歌集) 2016/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9709893

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。