瀬戸の島あるき―地図で旅する香川沖26島

個数:

瀬戸の島あるき―地図で旅する香川沖26島

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 128p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784901908771
  • NDC分類 291.82
  • Cコード C0026

内容説明

島が大好きな地元の女子ライターが、26島を歩き回って「島あるきの地図」を作りました。古代の土器の破片が見つかる海岸があれば、鯛づくしの料理でもてなしてくれる民宿もある。瀬戸の島は、歩くのがおもしろい。

目次

高松から行く島(小豆島―牛のカタチに秘密あり?!;直島―ポジティブパワーをくれる島;豊島―島でホームステイ ほか)
塩飽諸島の島(本島―信長、秀吉、家康に認められた島;牛島―アイランドガールと魔女;広島―迫る断崖と、癒しのポニー ほか)
瀬戸大橋の島(与島―マイカーで上陸できる島;岩黒島―エレベーターで上陸する島;櫃石島―不思議な岩が眠る島 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tokotoko

51
この本は、毎日のように見続けてもね、見飽きたなぁ~!って思ったことがありません。島好き女子ライター4人の超広~くかつ可愛~い視点で、島を眺め尽くして、作られた本のようだからです。写真も文章も全部楽しい!全部ね、行ってみたくなります。お仕事が落ち着いたら、買うことにしました。今買ったらね、突然!行ってしまったりして・・・大変なことになりますからぁあーー(^O^)!2015/05/23

nbhd

25
親分、ちょっとした出来心でこの本読むと大火傷しますぜ。単なる女子向けふわふわ瀬戸内海ガイドなんて思ってたら、あばらの骨折も1本2本じゃ済まされませんよって。なんつっても、文体が猟奇的なまでに完成されているんですから、大江健三郎もびっくりってなもんです。あっしなんかは、まずストマック、それからアゴをゴツンとやられて、しまいにゃ首根っこつかまれてグイグイ締め上げれる始末。この文体は『尊敬』に値する、しこうして情報も十分楽しめるものになっている、親分、これは断言しておきやす。こんなだから21世紀は愉快なわけで。2014/10/06

ほたて

25
この本、すごく便利!ただし香川・岡山の人限定(たぶん)…地元人がスルーしてしまうような所を素敵にピックアップして詳しく紹介してくれてます。この本を片手に女木島と粟島を廻りました。るるぶとかには絶対載らないちっこい島だけど、すごく楽しかった。今度は宿泊して海ほたるや夕焼け色に染まる海を見たいな。今年の夏は楽しかった…まだ終わってないけど。ちなみに偶然ですが、2ヵ所とも浦島伝説ゆかりの地です。2013/08/11

プンヴァ

17
島への愛溢れる本で、夏休みになるとフェリーに乗って四国の祖父母の所へ行ってた事を思い出しました。散歩するだけでも楽しそうな島がたくさんで、いつか絶対行きたいと思いました。男木島でオンバ見たいな。島によっては公衆トイレも自販機もない所もあるので、交通機関だけではなくある程度の事前情報の収集は必要だと思いました。2015/06/11

ゆうろ

8
香川沖の島を紹介する本。瀬戸内海に面した地域に住んでいるというのに瀬戸の島々がこんなにも個性溢れているとは知らなかった。 どの島も魅力的だが、小豆島、直島、牛島には是非行ってみたい。 2015/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6613769

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。