自分を変える気づきの瞑想法―やさしい!楽しい!今すぐできる!図解実践ヴィパッサナー瞑想法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 172p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784901679084
  • NDC分類 498.34
  • Cコード C0015

内容説明

こころを育てて自分を変えてみませんか?毎日のストレス、悩み、苦しみばかりの日々に疲れていませんか?こころが落ち込むと次々と不幸が押し寄せてきます。気持ちが明るく元気になれば人生はうまくいきます。今すぐカンタン、その場で試せる“ヴィパッサナー瞑想法”このとっておきのトレーニングであなたは変われる!なりたい自分になる一番簡単で唯一の方法。

目次

第1部 瞑想の力―こころが育つと人生はうまくいく(「こころの力」を育てる方法;なぜ人生がうまくいかないのか ほか)
第2部 苦しみの原因―なぜ、こころは悩むのか?(不幸ってなんですか?;悪循環を断ち切る ほか)
第3部 いつくしみの瞑想―今からすぐに幸せになれるやさしさの瞑想法(とりあえず今の苦しみを和らげる;主観には「我がまま」が入りこむ ほか)
第4部 知恵の瞑想―悩みなく生きるためのヴィパッサナー瞑想法(明確に見ると悩みが消える;「考えない」生き方が成功の鍵 ほか)
第5部 こまったときに―すぐに解決!瞑想の疑問(いつくしみの瞑想について;思考・雑念について;瞑想中に起こること;ヴィパッサナー瞑想について)

著者等紹介

スマナサーラ,アルボムッレ[スマナサーラ,アルボムッレ][Sumanasara,Alubomulle]
スリランカ仏教界長老。1945年4月、スリランカ生まれ。13歳で出家となる。国立ケラニヤ大学などで教鞭をとる。1980年に来日し、駒沢大学大学院博士課程、テレビ出演や、朝日カルチャーの講師もつとめるなど多方面で活躍。現在、(宗)日本テーラワーダ仏教協会にて、瞑想指導と初期仏教の伝道に従事
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっきー

15
✴3 生きとし生けるものが幸せでありますようにというのがサマタ瞑想の前提だ、 若い頃はともかく、ここしばらくは縁がなく気恥ずかしくなるような言葉だがインパクトがある、次の段階のヴィパッサナー瞑想は実況放送をすることで知恵を開発し心を自由自在にコントロールするのだが約束事がありコツも必要なので勉強したい2020/06/11

文章で飯を食う

7
後はやるかどうかだけだ。2018/05/09

仮ッ子

5
ヨガに生かしたいと思います。しかし、茶色いアイツを一生懸命生きている仲間だと思えないし遊んでほしいとも思えない。…悟りは遠い。遠くてもいいや。2011/01/20

仮名

4
ブッダが実際に悟りに至るときに実践した瞑想といわれる「サマタ瞑想」と「ヴィパッサナー瞑想」について(後者をメインに)、やさしい言葉でそのやり方を教授してくれる。スリランカの仏教界長老さんが書いてるそうで、その書き方は易しげだけれど、実際に実践しようとすると相当に難しい。まあ当然か、ブッダがあれだけ苦労して辿った悟りの道だもの。最後のQ&Aコーナーがけっこう面白かった→「瞑想は逃げでは?」「悩み苦しみから逃げようとしているのは、瞑想をしない人々です」この価値観のぶつかりあいが面白い。2012/06/13

sho_kisaragi

3
なんか、どこかでオススメされていたので、集中力上げられるかなーというなんとなくの思いで読み始めてみました。「いつくしみの瞑想」と「ヴィパッサナー瞑想」の二つが実践方法として載せられています。 方法としては簡単なようで難しいとは思いますが、「自分自身の行動を実況している間は思考が止まる」という瞑想法は応用が利きそうで面白いかも知れません。 実践自体は難しいのでしょう、後半に多くのページを割いてFAQ載せてあります。なんとなく興味がある方はどうぞ。2012/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/499525

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。