五柳叢書<br> 詩の地面 詩の空

個数:

五柳叢書
詩の地面 詩の空

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月20日 00時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784901646338
  • NDC分類 911.52
  • Cコード C0395

内容説明

言葉が無力などと、どの口が言うのか。怒りを込めて、著者はペンと鍬を持ち、現代詩の足場と視線をたぐり寄せる。中尾太一、吉増剛造の詩論、エッセイ、農業日記等書き下ろし多数収録。

目次

第1章(抒情を代償する「僕」―中尾太一『数式に物語を代入しながら何も言わなくなったFに、掲げる詩集』;捧げられた空洞―吉増剛造『The Other Voice』『ごろごろ』『怪物君』)
第2章(百姓の感受―石牟礼道子の記憶について;いまごろになって―現代詩文庫『森崎和江詩集』 ほか)
第3章(言葉は力そのものである―「現代詩手帖」特集「東日本大震災と向き合うために」;「固有時」との「対話」、そして―吉本隆明『固有時との対話』を読む ほか)
第4章(驢馬の声;見開く ほか)
第5章 農業日記―二〇一八‐二〇一九

著者等紹介

岸田将幸[キシダマサユキ]
1979年愛媛県生まれ。詩人、文芸批評。早稲田大学第一文学部卒業、日本経済新聞社文化部記者を経て、現在、農業を営む。詩集に『“孤絶‐角”』(思潮社、高見順賞)、『亀裂のオントロギー』(同、鮎川信夫賞)等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。